爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『博多どんたくと歴史』 ブログネーム.博多山笠女

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



歴史から学べることは沢山ありますね☆

【第1004回】

博多山笠女のプロフィール



みなさん、こんにちは!(*^ー^*)
みなさんは、福岡に『博多どんたく』と言われる、
全国的にも有名なお祭りがあるのをご存じですか?

『博多どんたく』とは、
福岡県福岡市で毎年5月3日と5月4日に
開催されるお祭りのことです。

動員数は、毎年200万人を越え、
青森県弘前市の『弘前さくらまつり』と並んで
動員数では、国内最大級の祭りなんですね。

又、私の大好きな『博多祇園山笠』とともに
福岡博多を代表する祭りの一つとして
広く知られています。


ところでこの「博多どんたく」の起源歴史について、
実は私まったく知らなかったので、
今回ちょっと調べてみました!
(何事も、勉強です。勉強。(^o^))




『博多どんたく』は、博多松囃子を母体として、
形成発展してきたそうです。

博多松囃子は、なんとさかのぼること
治承3年(1179年)!病没した
平重盛に博多の者が恩(日本で最初の人工港
「袖の湊」造営などの)を謝すため始まったとか、
元日節会が平安時代に地方に伝わり、
博多の人々がそれを発展させたのが始まりとも
言われているし、また、室町時代の松囃子の習慣が
博多にも、伝播したのが始まりとも言われ、
いくつかの説があるようなんですね。
いづれにしても、とても歴史あるものだったんです!


なんでも博多の豪商神谷宗湛(かみやそうたん)
(1551~1635)の『宗湛日記』によれば、
文禄4年(1595年)10月29日に
筑前領主、小早川秀秋(こばやかわひであき)の
居城であった名島城へ博多の町人が松囃子を仕立て、
年賀の祝いを行ったと記されていたり、するそうです。

また、江戸時代になると博多松囃子は、
福岡城へ福岡藩の藩主を表敬するため、
正月15日に赴く年賀行事として行われていたそうです。

福禄寿、恵比須、大黒天の三福神と稚児が、
松囃子の本体です。

これに博多の各町各人が趣向をを凝らした出で立ちや
出し物で続き、これを「通りもん」と呼んだそうです。
(この「通りもん」、今では、博多の代表的な
菓子の名前にもなっているんですョ(^o^))

三福神、稚児、通りもん、の構成が、
現在のどんたくの原型だそうです。


そうやって長く続いた正月の松囃子ですが、
明治5年11月に
「金銭を浪費し、かつ文明開化にそぐわない」
という理由で県からの通達により、
山笠や盆踊りとともに禁止され、
天長節(天皇誕生日の戦前の呼び名)
などを祝うようにとされました。

明治時代以降の松囃子ないしどんたくは、
鎮魂際(ちんこんさい)やそのほか、
日露戦争勝利の祝賀会や大正天皇や
昭和天皇の即位など、国の祝事に参加していき
1938年の招魂祭を最後に
戦前の松囃子どんたくは、
中止となってしまったそうです(T_T

そののち、太平洋戦争終結後、
1946年(昭和21年)5月に
「博多復興祭」として、
空襲被災後の瓦礫の中、子供
山笠とともに松囃子どんたくが行われたそうです!
(当時の人々の復興への想いを考えていると
胸が熱くなりますね^o^)


そして翌1947年に
現在のどんたくの形式が誕生します。
1949年には、憲法記念日に合わせて、
開催日も現在と同じ5月3日と4日になります。

その後も、いろいろと変化しつつも、
きっとたくさんの県民の熱い想いと、
後世にこの伝統を残そうという想いのもと
ほんとに大ぜいの支えによって、
『博多どんたく』は受け継がれ続けているんですね(^o^)

そろそろ受験勉強をはじめようかなあ~って
思っている生徒さんへ。

今日のこのお話しは、歴史ものを勉強していく

“ヒント”

になるかも?!です。

1つの歴史を作っていった、
たくさんの人々の、のちの世に託した想いや情熱。。。。。

何故どうしてこうなったんだろう?

歴史を動かした偉人たちは、
どんな想いで生きていたんだろう?

私たちに託された彼らの想いは?

私たちは、その想いを
のちの人々にきちんと託す事ができるでしょうか?



こんな事考えながら、ちょっと勉強してみて下さい。
もしかしたら、歴史が『大好き』になるかもですョ
頑張って下さいネ(*^ー^*)


私も日々精進致します!
一緒に頑張ろうネ!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/999-f90af696

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。