爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「数学の質問のコツ」 ブログネーム. ピーナッツ畑でつかまえて

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


コツが掴めれば、
スムーズに勉強を進めることができますね♪

【第951回】

ピーナッツ畑でつかまえてのプロフィール


 実はですね・・・


僕は英文科卒なんです。正直数学は中学の時から大嫌いで、

毎月やる模擬テスト(僕のころはいわゆる偏差値輪切り進学の真っ最中で、

中3になると毎月学校で模擬テストをやらされていたんですね)では

60点取れれば御の字、高校も数学は赤点すれすれ・・・って感じでした。

大学卒業して10年位塾(高校入試の塾ですね)の先生をやった関係で、

今は教科書の問題位なら数学も解ける様になり、

その経験から生徒たちに数学の勉強のやり方などを話しているわけです。

(生徒に話している内容はプロフィールから過去の記事を見てもらうと、
カレーやらラーメンやら、あんまり勉強とは関係なさそうなタイトルの
ブログに書いてあります。ぜひそちらも見てくださいね。)



で、ですね。数学の勉強の話をする事が多い為か、

生徒の中には僕のことを数学の先生だとか、

理系学部出身者であると思っている人が多いんです。

数学のわからない問題を聞いてくるんですね。それは良いのですが、

その質問にほとんど答えられちゃうわけです。



ちょっと考えてみてくださいね。僕は英文科卒で、

数学はそもそも得意ではない。

おそらくセンター試験を解いたら50%いくかどうかですよ。

多分。普段数学勉強しているわけでもないですし。

その僕に解ける問題を、チューターとかに聞かなければわからないって、

さすがにまずいだろ!と思うわけです。



確かに今の大学受験の数学では、

解き方を覚える解法暗記のやり方一番効率よく勉強できると思います。

だから解けない問題を自分で解き方を見つけようとして

時間をかけるのはあまり良い方法ではないし、

初めて見た問題は解けなくてもいい。

でもね、少なくとも教科書とか定期テストレベルの問題くらいは、

自分で解けなくても答えを見ながら理解できるようになっていかないと、

入試に間に合わないです。そのレベルの問題を、わざわざ教室に来て

チューターに聞くなんてことをしていたら、

時間なんていくら有ったって足りない



もちろんすぐにそれができなければ駄目って事ではないですよ。

ただ、いずれそうなれるように訓練しておこうねって話です。

だからね、わからない問題にあたった時には、

まず解説を読んでみてください。

faxを持っているなら、faxの質問用紙に解説を書き写して見るといいです。

書き写しながら、わからないところを四角で囲っていきます。

この式がどこからくるのかわからない、とか、計算の仕方がわからない、

とかね。

コツは一箇所わからないところがあっても、

とりあえず四角で囲みながら、最後まで進めることです。

数学の解き方のなかには、読み進めていくうちに、

最初の疑問が解決する、逆に言うと、先を読まないと

なぜこの作業をするのかわからないものも多い
ですから。

最後までいったらそれをFaxすれば自分がわからないところを

ピンポイントで質問できるわけです。



そうやって解説を読みながら

わからないことを解決するトレーニングを積んでいけば、

数学にかける時間はぐっと少なくすることができますし、

またそうできないと大学入試の数学は厳しいです。

僕は何も考えずにやっていたので、

これができるようになるまで10年かかりましたが、

意識しながらやればずっと短い時間で体得できるはず。

みんなも頑張って!!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)



| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/945-67b2c1a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。