爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「言い訳しない生徒」 ブログネーム.川崎工業地帯製ロボッツ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


言い訳言ってもはじまりません!!
失敗した分、2次で取り返しましょう!!!

【第920回】

川崎工業地帯製ロボッツのプロフィール

Hくんという生徒がいます。

国立医学部を目指して今まですごくがんばってきて、
学校の休みの日は12時間以上勉強し、
フレーズベーシック、フレーズトレーニングの例文も
9割以上マスターし、模試の結果では高得点で、
このままいけば、順調に合格を手に入れるだろう、
と思われていました。

ところが…!

センター試験では、まさかの失敗。

最初に受けた私立も、

「受けてきたけどだめだった。やっちゃった。」

「えー、ほんと?」

どういう問題がでたのかとか、少し話していたんですが、
もともと淡々としている生徒であまり騒ぎません。
内心はどうなんだろう。

どうしよう、どうにか励ましてあげたい。
でも、根拠なく大丈夫と言っても
逆に気を使わせてしまうな、と思いました。

そこでふと、気づきました。

「今、話してきた中で、Hくんは一回も、
調子が悪かったとか、運とか、状況とかのせいにしなかった
じゃない。
全部自分の力に原因を持っていってるでしょ。」



「だって、あの試験受けたら
まだまだ足りないなって思いますよ。」



「うん、他のせいにしちゃってたら、
そこを克服して伸びるきっかけを失ってたかもしれない。

けど、Hくんなら最後の直前まで伸びて、受かるよ!」



「あはは、
ありがとうございます。二次試験がんばりますね。」



やはり、気をつかわせちゃったか…?


と、思いましたが
自分にできるのはここまでなんですよね。
毎年思いますが。


ところで、自分の力が足りないって認めるのは
実はすごく勇気がいる
んですよね。

逃げ出す口実にするんじゃなくて、
前に進むためにそれを認められる彼は、
すごく勇気があると思います。

いくら知識やテクニックを身につけても
心がしっかりしていないと成績は伸びない
ということです。
受験に真剣に向き合うというのは、
その心を強くすることができるんですよね。

これから試験に臨む、
ウチで勉強している3年生はみんな、
ぐっと大人びて見えてきます。
彼らはみんな自慢の生徒です。


あとは、受かって欲しい(^^;)




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| とある受講生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/913-cbae3ecb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。