爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「将来へのステップ」 ブログネーム.奇跡のカシーワ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


若いからこそ、
躓き、限界を知ることがあります。
でも、その躓きから人は多くのことを学び、
その限界を超えることができます!

【第917回】

奇跡のカシーワのプロフィール

昨日生徒と電話で話をしている時に

「なんかいつも人生の話を教えられている気がします」

と言われました。

元の話題は学校の勉強についてでした。

このコは人間関係がうまくいかず、
一度高校を辞めて入学し直しています。

学力的には問題なくついていけてるのですが、
逆にある程度解るからこそ、学校の授業を
どう活用していけばいいかで悩んでいました。

自主的にもある程度はやっていけているので、
目標を定めた上で必要なことは
何かをサポートしています。

勉強自体は「とりあえず何かをする」のではなく

「結果として
どのくらいのことがクリアできなければならないか」


によって目標を設定するところから始まります。

次に

「今の自分はどのくらいの能力があるか」

によって、

「目標に向けて何をすればいいか」

が決まります。

それさえ分かれば後は実行あるのみです。


もちろん、状況に応じて
細かい分析や判断が必要になってきます。

ただ、この

「何かをできるようにする」

もしくは

「何かを締め切りまでに間に合わせる」

と考えて行動することが、
学校生活の中で身につけられる財産です。

よく「学校で習ったことなんか全然役に立たない」
と言い切ってしまう生徒がいます。保護者の方ですら、
同じようなことをいう方がいらっしゃいます。

親がそう言ってしまったら、
当然子供もそう思ってしまいます。

勉強として覚えることのみならず、

「何かを身につけるためのステップ」

という途中経過も含めて自ら設計していくことが、
結果どうあれ将来的に大事だと
これからも声かけしていきたいです。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/910-22d0fc4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。