爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「努力は人を裏切らない」 ブログネーム.越後の雪椿女王

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


受験生は、
努力の結果が表れる時期に突入です。
最後の最後まで努力し続けましょう!!

【第893回】

越後の雪椿女王のプロフィール

センターまであと少し
3年生の皆さんがんばってますか?

今回は推薦で新潟大学の理学部に合格した
R君の話をします。

2年生のはじめにDCに入会したR君
入会後すぐ

「僕はどうしても
新潟大学に入りたいんです。でも英語が苦手で・・・」


早速学校のテストで英語の点数を上げることから
スタートすることにしました。

フレーズベーシックとベーシックI・Ⅱのテキストを
ひたすらやり入会後の期末テストで
英語がなんと92点でした。いままでより40点UPです。

本人は

「何でこんなに上がったんだろう?」

と不思議顔しかも

「たぶん今回はまぐれです!!」

と自信を持って(?)報告してきました。

でも次のテストでも80点以上の点数を取り

「最近英語が楽しいんです」

との報告。

これはDCテキストの力だろうと
私もとてもうれしく思いました。
この点数の上がり方によりR君は
3年生の夏休みには評定平均が4.5まで上がり
推薦を進めました。

英語同様国語力にも自信のないR君は

「志望理由書や小論文はちょっと無理です・・・」

「プラスの受験だと思って気軽にチャレンジすれば?」

「だめでも一般でがんばれば大丈夫なんだし・・・」


「・・・推薦じゃ受かりませんよ。
でもそんなに勧めるなら受けるだけ受けようかな」


こんなやり取りで推薦を受験することになりました。
さてそれからが大変でした。

理学部数学科を目指す彼の推薦の小論文は
数学の証明問題。しかも数学の先生にみてもらったら
かなり難しいとのこと。

もしかして推薦を進めたのは
間違いだったかな?と思いながらも

「R君なら大丈夫必ずできるから」

と励まし、何度も志望理由書を書き直し、
最大限個別面談を活用して
数学の小論文対策や口答試問対策をしました。

毎日自習室に通ってきて
一番最後までがんばっていました。

試験日当日終了後報告に来てくれて

「やっぱりだめかも・・・」

「結果がわかるまでは頭を切り替えて、
センター対策に取り組もうね?」


その後発表までの間落ち着きがなく、
勉強も手につかない様子でした。

発表当日はお父さんとお母さんが
発表を見に行かれて、本人より先にお父さんから

「合格」

の報告をいただき本当にうれしい1日でした。

R君が自習室に報告にきた時には
みんな合格を知っていて、
一緒に勉強している仲間に

「おめでとう!!」

といわれてとてもうれしそうでした。

合格したR君その後も毎日自習室に来て

「センターは受けます。
先生に自慢できる点数をとって見せます」


と勉強をしています。

数学ができるチューターさんがいない時は
ボランティアで数学を後輩の1・2年生に
教えて貰ったりしています。

「努力は人を裏切らない」

という言葉を身をもって証明してくれたR君でした。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 現役合格者の声 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/884-2a4e7e1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。