爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「新撰組⑤」 ブログネーム.kariya 受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


新撰組シリーズも5回目ですね♪
時の流れは早いものです・・・。
受験本番もあと僅かです!
頑張れ!受験生!!

【第891回】

kariya 受験指導部のプロフィール

こんにちわ。
ちょっと遅いですがあけましておめでとうございます
1・2年生の皆さん、宿題終わりましたか?
3年生の皆さん、
体調は崩さないで欲しいですがムチャはしてください。
どうか後悔のないよう勉強してください。

で。
今回も懲りずに「新撰組」の一人、「永倉新八」で参ります。
「・・・誰?」って感じでしょうね、またきっと(苦笑)。


 永倉は新撰組の中で「腕が立つ男」の一人でした。一説によれば彼がナンバーワンだったという説もあります。
 また、新撰組が設立される前から近藤と苦楽を共にし、新撰組設立後は中心核の一人となって活躍しました。
 しかし、永倉は近藤のことを「仲間(同士)」と思っていましたが、近藤はいつの間にか永倉のことを「家来の一人」として見るようになります。
 それが永倉には耐え切れず、最後は喧嘩別れしてしまいました。

 しかし、永倉は新撰組を、いろんなことで命を落としていった仲間達を忘れることはできませんでした。
 その証拠に彼は新撰組のために新撰組解散後に様々に奔走するのです。

 永倉は近藤と喧嘩別れした後、しばらくして、近藤が薩長藩に捕らえられ処刑されたことや土方が北海道での戦争(戊辰戦争)で銃弾に倒れこの世を去ったこと、それにより新撰組は解散したことを知りました。

彼はどうしたか?

 すぐに二人の生まれ故郷である現在の東京都に近藤と土方のために慰霊碑を建てました。
 また、新撰組が戦った主な戦場全てに出向き弔いをしたとも、あるいは新撰組全員のための慰霊碑を建て組員の名前を一つずつ彫ったとも言われています。
 一番有名なのは、「浪士文久報国記事」を残したことでしょうか。
 これは、新撰組の歴史が分かる唯一の手がかりとして有名です。
 実は、この著作は平成10年に見つかったばかりのもので、今までの新撰組のイメージ(野蛮・人斬り集団)を覆すものでした。この著作があったからこそ、今の新撰組のイメージが定着したとも言われています。
 そういった意味では永倉の新撰組に対しての功績は一番大きいかもしれません。

 そして晩年には、毎日のように近藤と土方の写真に手を合わせながら過ごし、遺言ではこう話したそうです。
 「わしが死んだら、骨は近藤さんと土方さんの慰霊碑にも入れて欲しい」と。
 そして今、永倉の骨は、実家(北海道)と東京で静かに眠っています。

 永倉は、新撰組の中で数少ない生き残りの一人でした。
 生きていく中で仕方ないとはいえ新撰組が悪く言われるのが我慢できませんでした。
 俺達はただの人殺しじゃない。幕府のために戦ったんだ。幕府が勝つことが日本のためになると信じて戦ったんだ。
 それをどうしても後世に伝えたくて慣れない筆を取り書き記したのです。

 永倉にとって「新撰組の一人だった」ということや、近藤勇をはじめ自分よりも先に死んでいった新撰組の仲間がたった一つの誇りでした。
 途中で離れ離れになってしまったけれども。

 皆さんにはいろいろあっても忘れることのない、一生付き合えると思える友達はいますか?
 永倉のようにそんな友達を見つけてください。 
 勉強も大事だけど、これから皆さんが生きていく世界は「人脈」も大事です。
 友達を作ることは勉強と同じくらいお金じゃ買えないものですから




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 歴史/文化/教養 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/882-6cfee8ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。