爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「冬休みはどう過ごせばいい??」 ブログネーム.京男.生八橋

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



JPC京都事務局のチューターS君から、
冬休みの過ごし方についてのアドバイス!!

京男.生八橋さんとS君の会話の中にも
いろいろとヒントが隠れていますよ!

【第875回】

京男.生八橋のプロフィール

 あと半月で今年も終わりですね。本当に1年というのはあっという間に過ぎていきますよね。先日、チューターと受験生の冬休みの過ごし方について話した内容をみなさんに紹介しますね。

チューターは京都工芸繊維大学1回生のS・Uです。


私:もう12月やなぁ、特に3年生は冬休みをうまく活用してもらいたいなぁ・・・
ところでS君、君は3年の時、冬休みをどんな感じで過ごしていたの?


S君:いやぁ、あの当時は、周りが自分より賢く思えて焦っていましたね。ダメだと分かっていてもどうしても弱気で勉強してしまってもう少し効率よく勉強できたかなと思いますよ。

(担当の)○○さんや○○(私)さんに「必要以上に不安になるな」「ネガティブな事を考える時間があるんだったら、その時間を基礎学力のチェックに使え」と、いわれていましたね。今から思えば本当にその通りなんですけど、それがなかなか出来なかったですねぇ・・・(苦笑い


私:志望大学に合格するイメージトレーニングはしてないの?するように言っていただろ?

S君:えぇ、ちゃんとしましたよ!!

私:どんな感じでイメージトレーニングしたの?

S君:そうですねぇ、自分の志望大学のパンフレットを机の上やカバンの中など常に目にふれるところに置いていました。

私:やってみて効果あったかな?

S君:だらだらした時や集中力を付けたい時には効果的でしたよ! 
  

S君:冬休みの生徒フォローはどういう感じでやればいいですかねぇ??

私:えっ?何を言っているの?自分がしてもらったことをそのままやればいいんだよ!!あと、自分の経験したこともアドバイスとして話してあげてね。DCの先輩としていろんな相談に乗ってあげたらいいんだよ!!

S君:わかりました!!

私:あと、この会話を今度のブログに載せようと思っているんだけど、ブログを見てくれる高校生にアドバイスを書いてくれるかな。


S君のアドバイス

・ある程度実力が備われば最終的には自分と同じレベルの人達と競う事になるので、周りを必要以上に気にしないこと。どうしても友達と比べたりしがちになるんだけど行きたい大学や学部が同じならまだしも全く違うなら友達を意識するのは無駄な事。

・クリスマス、年明け等はだらだら過ごすより休みの日を決める。(例えば、元日や親戚で集まる日など)メリハリを付けることで勉強が効果的に進む。

・学校のある日と同じ時間に起きる!!(朝は寒く実行が難しい。ただここから生活のリズムが崩れるので注意する。センター前だということを意識すること。)

・食事が終わったらすぐに机に向かう!!(朝食、昼食、夕食後は一息つくと腰が重くなる。勉強したくなくなる。)意外と食後は集中できた。また見たいテレビ番組のある時間に食事を合わせてもらえると番組終了と同時に切り替えが出来て良い。

・過去問をやって落ち込むな!!過去問はあくまでも過去問!!練習であって、本番ではない。本番で点数を取れれば良い!!

・冬休みは学校で授業がない分自分のやりたい勉強が出来る期間。自分の足りない箇所は分かっているはず、貪欲に追求していこう!!




さて、受験生の皆さんS君のアドバイスは参考になりましたか?
自分なりに工夫して、有意義な冬休みにしてくださいね!!




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| チューター | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/858-9dd11d15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。