爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「私にはムリです」と言うな ブログネーム.Mikawa受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


受験は不安との闘いでもあります。
ファイティングポーズをとり続け、
挑戦する勇気を持ちましょう!!

【第847回】

Mikawa受験指導部のプロフィール

※知らず知らずのうちに自分へ自己暗示をかけてしまっています!気持ち次第で結果は大きく変わります!ここからさらに頑張りましょう!


 イギリスの精神分析医、ハドフィールド博士がこんな実験をした。



 三人の男性に握力計を力いっぱい握らせる。すると平均握力は四十四・八キロだった。

 次に、「君たちは弱いんだ」とマイナス暗示をかけると、わずかに十三・二キロに激減した。

 「君たちは強いんだ」という暗示を与えると、平均握力は通常の五割増しの六十四・四キロに跳ね上がった

 これは暗示というもののすごい力を証明している。

 私たちは、常に周囲から暗示をかけられている。また自分でも自分に暗示をかけている。「私にはムリです」という言葉は、できることもできなくしてしまう。そして残念なことに、私たちの周囲にはこのようなマイナス暗示があまりにも多い。



 試合直前のボクサーとトレーナーがやりとりをする。

 「おまえは強い」

 「そうだ、俺は強い」

 「おまえは絶対に勝てる」

 「そうだ、俺は絶対に勝てる」

 不安と恐怖に押し潰されそうなボクサーの心に、このプラス暗示の効果は計り知れない。



 言葉は、それ自体が力となって潜在意識に働きかける。潜在意識は「失敗する」「だめだ」「できない」という暗示を受けるとそのとおりの結果を出す。プラス暗示を吹き込まれると潜在意識は「さあやれ」「やればできるんだ」と自信を持つ。そして今までできなかったことができてしまう。



 たえず周りから襲ってくるマイナス暗示に負けてはならない。そのためにも、常に自分にプラス暗示をかけよう。


「私は強い」「私は強い」「私は強い」

「私はできる」「私はできる」「私はできる」

「私には能力がある」「私には能力がある」「私には能力がある」

「私は勝つ」「私は勝つ」「私は勝つ」



 毎朝、大きい声で唱える。重要な事態の前に唱える。困難に直面した時に唱える。そうすれば、マイナス暗示が逃げていく。不可能が可能になる





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/830-1364fa8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。