爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「センター試験まで80日をきりました!」 ブログネーム.兼六園子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


Dc受講生は、システムを有効活用して、
要領よく勉強を進めていきましょう!!

【第838回】

兼六園子のプロフィール

 本当に時が経つのが早いものです。

 この時期になると、今まで指導部に来たことがなかった生徒が来るようになり、システムの使い方についての質問の電話が多くなってきました。

 推薦の時期というのもあって最近は自己推薦書や志望理由書についての内容が多いです。

 「志望理由書の書き方が分からない!」「書いてみたけど先生に全否定されて書き直しになった。締め切りまで日にちもないしどうしよう」と言った内容で指導部へ来ます。

 FAX質問で添削してもらえばいいよと言うと、「え!そんなのしてもらえるんですか?」という返事が返ってきます。

 小論文は添削してもらえるのは知っている生徒は多いですが、志望理由書については添削してもらえないと勘違いしている生徒が多いのです。

 ある生徒A君の場合、(指定校推薦での志望理由書)書いたのでみて欲しいとの事だったので、すぐFAX質問を使うべきと言って利用をするように指示。教務の方にFAXが流れたのを確認すると、明日また来ますと言ってその日は帰っていきました。

 次の日学校終わりにA君は指導部へきて添削の結果を見てびっくりしていました。

 大きく×がついていたり補足されていたりと5枚の紙にわたり丁寧に添削がされていました。

 今日学校の先生に添削に出したのと同じ内容のものをみせたが特に何も言われなかったのでこれで出そうかと思っていたがもう一度書き直してみます。FAX使ってもいいですか?あと電話でも聞いてみたいのでどういう風に聞いたらいいですか?と自分から動き始めました。その日から電話・FAXのやりとりを数日繰り返し、納得のいく内容になったようで最後はいい笑顔で帰っていきました。

 みてもらう人によって多少違いはあるかも知れませんが、1人よりも2人の人にみてもらった方が良い事もあるので是非FAX質問利用する価値アリです。

 きっと聞きたいけれど、これは電話質問で聞けるのかどうかわからなかったり、聞く程ではないけど聞けたらいいなと思っている事っで案外多いと思うんですね。

そういう時は
一度できるかどうかの質問をして下さい!!!

動いたもの勝ちですよ!!!




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/820-102ad4c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。