爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「キーワードは心」 ブログネーム.博多山笠女

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


えっ!?
毎日、皿洗いをやったら優勝できた!?

気になる方は、本をご覧下さい(笑)

【第805回】

博多山笠女のプロフィール

今日は、良本を一冊ご紹介致します。
『読書の秋』ですから、ぜひ読んでみて下さいネ。

題名は「カリスマ体育教師の常勝教育」という本です。
著者は原田隆史さんという、体育教師。
出版社は日経BP社という所です。

著者略歴を読むとこう書かれてあります。

『大学卒業後、20年の間、大阪市内の公立中学校で
体育指導、生活指導にあたる。独自の指導理論で
荒れた学校を立て直し、陸上部の顧問として、
7年間で13回の日本一を排出した。態度教育を重視
することから「生活指導の神様」とも呼ばれる。
現在は、教職志望者への指導のほか企業の人材育成
にも力を入れている。』


『カリスマ体育教師!』

『教育、経営、スポーツ、人生、
悩みがあったら原田に聞いてみろ!
原田の前に不可能はない!!』


こんな感じです。

私はこの本を、生徒指導部の方から勧められて、
読み出したのですが、
まず、私の目に飛び込んだのが、目次の第一章。
「普通の子が一番になる」でした。
続いて第二章。
「子供たちの心を作る」
第三章
「大人たちの心を磨く」   でした。

読み進めるごとに、時間の経つのも忘れ、
何度も涙しながら一気に読んでしまいました。
素晴らしい「本」との出会いでした。

「私はこの本とずっとずっと前から
出会いたかったのかもしれない!」


とさえ、思った一冊です。

この本の中に次のような一節があります。

「表面上は、体格や技術、
体力の違いで勝負がつくように見えますが、実は違います。
最後は『心』なのです。『日本で一番優勝したい』という
イメージが強い選手が勝つ。
また、『日本で一番優勝させたい』と強く願っている
その思いの強い指導者が優勝させるのです。」


受験も本当に同じですよね。
表面上は、テストの点数や模試の結果、
日頃の成績の良し悪しで合否が決まるようにも見えますが、
確かにそれもあるかもですが、最後は『心』
何がなんでも○○大学に合格するぞ!というイメージが
強い受験生が、やっぱ最後には合格します
よね。

最後は『心』なんですよね。
普通の子が、強い心を持つ事で、
大きな「夢」を掴み取る
んですよね。

もちろんウチのゼミも、大学受験に対応したゼミですから、
受験勉強のテクニック、ノウハウは、1人1人の生徒の
学力や志望大学に合わせて、教えていっています。

でも、一番大切な、1人1人の生徒の『心』
その心を強く支え、導き、
自立させてあげること
が出来るゼミでありたいと
あり続けたいと思ってます。

ちょっとかっこ良すぎですね(*^ー^*)

We leave a lasting impression everywhere we go.
(道は自分で作るもの)

このブログを見ている受験生の皆さんが、
1人1人、自分の心を大切にされて、
自分だけの道をみつける為にも
日々の勉強を頑張って下さいね♪





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| オススメの本や映画など | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/787-4537ace6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。