爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『単位だけじゃない、生きる力が卒業要件!』 ブログネーム.湘南ホープ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


素晴らしい素質や自分らしさを
生かすも殺すも自分次第!!!

【第787回】

湘南ホープのプロフィール

教育の世界で新しい言葉が生まれようとしています。

「学士力(仮名)」

学士というのは、4年制大学を卒業したひとに与えられる称号です。
その人達の力が、いま問題になっているようです。

「学士力」というのは、大学卒業時に最低限身につけていなければならない力を指し、「知識」「技能」「態度」「創造的思考力」の4分野13項目に分けて判断される制度を予定しているとのこと。

つまり、大学卒業のときに必要な単位が取れていても、この学士力のテストができなければ卒業できないという仕組み。

これを聞いて、あなたはどう思いますか?

私は、いい案だなと思いました。
有名大学を出ても、知識が専攻分野に偏りすぎていて他分野の常識的な知識がかけている人が多いのですから、それを防げるのではないかと。
そして、出席するだけで単位が取れてしまう授業で卒業なんて、きっと何の役にも立たないでしょうから。

学士力の具体的な中身は、社会情勢や歴史とも関連づけて学ぶこと、コミュニケーション能力、特定の英語力など。
そして私が注目したのは、「卒業後も自ら学習できる」という力。

大学卒業と同時に、多くの人が「先生に学ぶ」という立場を卒業します。
そこからは、自分で学ぶ事柄も学ぶ方法も考えることになります。

高校生でも、先生がいない冬休みや放課後は自分で自分の行動を決める時間ですから、自ら学習できる力、というのは必要ですよね。

「単位をとって、それで終わり」ではなく、
未来の自分の力が、初めてそこで試されます。

大人になっても忘れてはいけない「自ら学習できる力」を、あなたは持っていますか?



(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 教育 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/767-77ac8716

TRACKBACK

単位単位(たんい)とは、量を数値で表すための基準となる、約束された一定量のことである。約束ごとなので、同じ種類の量を表すのにも、社会や国により、また歴史的にも異なる多数の単位がある。量|連続量ではどれだけの量を単位と定めるかは全く任意であり、決め方が異な

| 単位がないと不便 | 2007/09/30 06:53 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。