爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「小論文を書こう」 ブログネーム.讃岐大使うどんのすけ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


AO入試や推薦入試を予定している高校生の皆さん!
小論文の対策は進んでいますか!?

小論文の対策もDc大学入試指導センターにお任せあれ♪

【第764回】

讃岐大使うどんのすけのプロフィール

 時の流れは早いもので、夏休みもそろそろ終わりですね。

 今の時期から、本格的に推薦入試にむけて動き出す生徒も多いです。
そして、推薦入試に課せられることが多いのが「小論文」ですね。しかし、周囲を見ているとこの小論文が苦手な高校生が多いように感じます。
 また、何故推薦入試に小論文が行われるのか、いまひとつわかっていない子もいたりして……。なので、今回は「小論文」について、少しだけ。

 まず、小論文は、生徒の“理解力や洞察力、発想力、論理的に文章を構成する力、表現力”を見るためのものです。これらの能力は、大学で勉強する上で欠かせないものであり、これらを試すには小論文という方式がベストだと思います。
 次に、大学側が受験する人がどのような人間なのか、を知るためです。小論文の内容を通して、その人の人柄や物事の考え方、どのような人間なのかを理解しようとします。そして、その人が志望する学部学科に適しているのかという、適性も見られるのです。

 以上の点を心に留めて、とにかく書きましょう!!
新聞や本で知識を得るインプット作業だけではなく、頭の中で考えたことをアウトプットしていくことが大切なのです。
 小論文は、書いて添削してもらい書き直す、書いたら書いただけ上達するもの。頭で考えるだけでなく、紙に書き出していくことが重要です。「自分の意見・考えを、論理的に客観性を持って表現する」ことを意識して、欠いたら必ず添削してもらうことです。

 DCの小論文通信添削や、FAX質問(国語)を上手く活用して、説得力もオリジナリティもある、大学側に自分をアピールできるような小論文を書いてください☆



(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)

| 小論文対策 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/737-ab1b3e1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。