爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京理科大学理学部第1部化学科を目指しているあなたへ♪



チューターが通っている大学紹介します!

【№56】 池田 涼チューター(所属:町田事務局)


大学で一番の自慢は?

 理科大には、世界でも最先端を行く技術を研究する教授たちが数多く在籍していて、とても内容の濃い授業を受けることができるので化学理論や技術に対する深い理解ができるようになります。さらに、4年生になると大体の人が教授に付いて研究室に配属され、化学の第1線に触れることができるのも自慢のひとつかな?
 そのような指導には、本当の実力がつく、ということで企業からの定評があり、就職率は毎年90%以上を誇ります。どうやら理科大生は社会で優遇される傾向にあるようですね。

大学の講義で「これは!」と思う講義やゼミを教えてください。

 なんといっても化学実験だと思います。
 実験には図書館で自主的に調べる予習と、毎回出されるレポートを書くための勉強が必要なので、1回実験をやるごとに化学に必要な基礎知識、応用するための知識、さらには結果を考察する力がとても養われます。

大学卒業後の夢や進路について教えてください。

 僕は、卒業後は高校の化学教師になろうと思っています。理科大には教職課程をとる人がとても多く、お互いに教えあったりして、スキルを高めていくことができるので、とても助かっています。
 普通の人は大体、企業の薬品研究所や製薬関係の仕事につくことが多いのでは。化学を応用的に使う仕事につく人がたくさんいるようです。

受験生や高校生に一言。

 最期まで自分を信じて!!



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 『 大 学 』 生情報!!! | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/723-47335205

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。