爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

静岡大学人文学部社会学科を目指しているあなたへ♪



チューターが通っている大学紹介します!

【№32】 石田 光羽チューター(所属:静岡事務局)


大学で一番の自慢は?

私も通っている人文学部社会学科です。
社会学部や社会学科と名のつく大学は、全国でも
数少なく、教員数も多いので、社会科学全般を専
門的に学ぶことができます。心理学コースでは、
臨床心理士の資格取得を目指せますし、文化人類
学コースは、「静大人類学」と呼ばれているほど
充実したコースです。

大学の講義で「これは!」と思う講義やゼミを
 教えてください。


[山下秀智先生]

主に宗教に関する講義です。なぜ宗教が必要なの
か、宗教とは本来どういうものなのかなど、とて
もわかりやすく解説してくれます。宗教のイメー
ジが変わります。

[荻野達史先生]

教育や社会運動についての講義です。いじめやひ
きこもりなど、起こっている現象を基に現代の教
育の何が本当に問題なのかを考えます。

大学卒業後の夢や進路について教えてください。

就職しようと思います。なるべく大手企業ではなく、
ベンチャー企業へと考えています。

受験生や高校生に一言。

自分の心に正直に!



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 『 大 学 』 生情報!!! | 16:00 | comments:0 | trackbacks:12 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/665-578a80de

TRACKBACK

りかちゃん人形と同じ名前の香山リカ著精神科医常識はその時代時代で変わるもの。最低限の常識は身につけたい。現在の風潮を、的確に指摘しています。思わず、ヒザをたたきたくなるような内容でした。人間関係から政治経済まで、一般的なジャンルについて、世論とされている

| 社会科学が最高によかった | 2007/07/21 14:13 |

以前図書館で借りて読みました。またもう一度読みたくなったので購入。戦争や国家といった普段の暮らしからは遠いテーマが、著者とそのソビエト学校時代の親友との再会を通して浮かび上がってきます。予期せぬ内容で感動しました。ぜんぜん別の世界を体験出来ました。いろい

| 社会科学が最高によかった | 2007/07/21 21:12 |

遥かなるケンブリッジ

ケンブリッジへ行く前のイギリス人に対する考え方といざ現地で対峙した時の印象が全く違い,帰国する頃にまた変わるのが興味深い。5歳の次男が学校でひどいいじめにあった時,徹底的に仕返ししろと命じ、「死ぬ気でやり返せ。死んでもいいからやって来い。死んだら,またお

| 社会科学がすごくよかった | 2007/08/11 13:26 |

日本の論点(2007)

 毎年高校の教員をしておりますが、生徒の小論文指導には最高の本です。生徒にも全員購入させようと、現在検討しているところです卒論のネタ探しに購入しました!普段は、サブカルやジェンダーなどに興味を持ちますが、やはり原点を押さえる意味でも、この本はお勧めで

| 社会科学への思い | 2007/08/11 17:33 |

反社会学の不埒な研究報告

前作より読後の充実感が減ったのは2冊目だから仕方ないです。ぜひたくさんの方に読んでほしい本には変わりありません。目の前にある事実やデータが語ることは真実なのか、深く思考する力を養う入門書です。もちろんかなり面白いけど、どちらかと言うと続編じゃない方がよか

| 社会科学の1日 | 2007/08/11 18:36 |

社会科学全般を極める

・社会科学全般・2007-04-16・そして、日は昇った! 日本が世界の「富」を牽引する・[読書」社会の学問の革新・[本] 日本進化論 - 二〇二〇年に向けて・ 憲法論議も大事だが、もっと大事な問題から目をそらさせようという権力のたくらみに気をつけよう・[メモ] 今週の努力目

| 社会科学の感動 | 2007/08/12 09:01 |

社会科学全般がいっぱい

お盆にあう甥っ子にプレゼントの予定です。簡単に読めそうでいいのですが、中学生の甥には少し簡単すぎたかも。プレゼント  テレビで見てほしくなったので・・。驚きのことが色々ありますよ。自分用   自分も家族も楽しみたい。 先日テレビで

| 社会科学が最高によかった | 2007/08/12 15:17 |

社会科学全般の1日

・[参院選2007]科学技術に関するマニフェスト、感想・社会科学全般・2007-04-16・そして、日は昇った! 日本が世界の「富」を牽引する・[読書」社会の学問の革新・[本] 日本進化論 - 二〇二〇年に向けて・ 憲法論議も大事だが、もっと大事な問題から目をそらさせようという権

| 社会科学の感動 | 2007/08/12 21:48 |

超・格差社会アメリカの真実

著者は経済学の専門家。それだけに私のような素人には分析方法などは、ちょっと難しかったです。けれどアメリカの豊かな中流階級が、かなり崩壊しちゃった現状はリアルに伝わってきました。市場原理の導入が声高に叫ばれる我が国でも、格差はさらに広がるのでしょうね。はあ

| 社会科学の1日 | 2007/08/13 12:48 |

そうだったのか!アメリカ

 わかりやすいです。 まだ読んでないんですが。。。「大好きだけれど、大嫌いなアメリカ」の意味がよくわかります。わかりやすく書かれていて、まさに「そうだったのか!」という本です。このシリーズの他の本も読んでみたいです。そうだったのか!シリーズの現代

| 社会科学がたくさん | 2007/09/06 15:22 |

プリンシプルのない日本

著者が柔軟な思考の持ち主であったことがよくわかる。プリンシプル(原理原則)あっての柔軟思考なのだ。ハードカバーがどこかに行ってしまって見つからないので、単行本になっているものを購入。内容はもちろん同じ。白洲次郎自身が書いた唯一の本である。端的で簡潔な文章

| 社会科学がすごくよかった | 2007/09/15 13:18 |

ニュースバカ一代

一般的にこの人は右翼なんだろうけど右翼とか左翼を越えて日本を純粋に良くしたいと思ってコラムニストをやっててる風に僕の目には映ってます。過去のコラムをまとめた本です。今、読み返してみると的確に物事を捉えており、正義に溢れているので一読の価値はあります。今、

| 社会科学がたくさん | 2007/09/15 23:41 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。