爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「我が子のために」  ブログネーム.芦屋令嬢

(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)

本当の愛情があっての厳しさは、
相手の心に響き、心を動かすことができるのでしょう。

【第689回】

芦屋令嬢のプロフィール

日差しが強くなり、美女としては、
日焼けに気をつけないといけない季節になりました♪

私達の事務局には、毎月、生徒からの相談が、
続々入りますが、この所、むかしと違って多くなったのは、
お母様からの相談です。1年前の卒業生の話ですが・・・

ある日、その生徒のお母様より、1本の電話が・・・
どうも泣いておられる様子。

「うちの子、本当に何に対してもやる気がないんです。
私が5校もオープンキャンパスに行き、パンフレットを
並べ、どの大学にする?って尋ねたら・・・。
好きにすれば~!と言うだけなんですよ~。
私がここまでしているのに~(シクシク)
私は、どうしたらいいんでしょう。」


ありきたりの返答では、彼のためにならない!
と思った私は、心を鬼にした。


「いいですか?お母さん!
我が子が変わって欲しいと望むなら、
まずお母さんが変わりましょう!
○○君には、はっきりとあなたがやる気が無いなら、
無理して大学に行かないで良い。働きなさい。
その後、我が家にいるのだったら、
食費を毎月入れなさい!
それが嫌なら、自活しなさい!
とはっきり言いましょう」



「そんな~かわいそうな事~」


「もし、このままで行ったら、お母さんは、
彼の会社も見つけ、仕事を辞めたら、
ニートになってお母さんが、
ず~っと食べさせて行かなければなりませんよ。
それが…本当にその子のためでしょうか?
子育てと言うものは、勉強しなさいと言う事でも、
世話を焼いてあげる事でもありません。
親がいなくなっても、社会の中で一人で生きていく力を
つけさせてあげる事だと思いますよ・・・。」


しばし沈黙していたお母さん。

「本当にそうですね。分かりました。
私は100才まで生きれませんし(笑)
我が子の為に本心をぶつけます。」


と・・・。


それから二日後、そのお母様から電話があり、


「言われた通り、彼に伝えました。
その時は無言だったんですが・・後から
お母さん、俺、本当に大学に行きたいと思ってる。
実は法律の勉強をして。人の手助けしたいねん。
マジでこれから頑張るわ。
お金かかるけど、大学に行かせて下さい!って
頭をペコリと下げるんです。
本当に嬉しくて涙が出てきました。」



「良かったですね。良い子ですね。
人の力になれる仕事を考えていたなんて・・・。
これからは、彼に任せて自分で考える力を
つけさせてあげましょうね。
そしてお母さんは、努力していたら、
いっぱい褒めてあげて下さい。

大人でも褒められると嬉しいんですから・・・」



「ありがとうございます(笑)」

その日1日は、
私も幸せな気持ちに包まれました。
見事その子は、
私大法学部に合格。笑顔で卒業しました。

JPCでは、毎日、
色々なドラマが繰り広げられています





当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 親子関係 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/612-1b0fe5b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。