爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「お茶」  ブログネーム.アルタの番人  

(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)

そういえば、
管理人も毎日お茶を飲んでますね・・・。

「日常茶飯事」
にそんな意味があったんですねぇ。
なるほど。ガッテン♪

【第674回】

アルタの番人のプロフィール

5月になり過ごしやすい季節になってきました。

そろそろ衣替えも行われるし、
天気のもいい、と最高なのですが、
実際はあまりよくなく
天気もころころ変わっています。
先日は晴れたと思えば
バケツをひっくり返したような雨が
降ったりしましたから・・・。


さて、5月も折り返し地点を過ぎました。
3学期制の学校では
中間テストが近づいていると思います。
すでに中間考査が終った学校もありました。
さらには修学旅行に行く学校も・・・。
5月は何かと忙しい月のようです。

5月病などに
かかっている暇は無い感じですね・・・。

5月というと
皆さんは何を思い浮かべるのでしょうか?
私は新茶を思い浮かべます。

「年寄りくさい・・・。」
と思われる方もいるかもしれませんが、
私は勤務地は東京であるが、
出身は静岡です。
そのため、お茶には少しうるさいようで・・・。

ここで新茶について少々
新茶とは、
最初に摘まれる柔らかな新芽で
作られる一番茶のことで、
4月の終わりから5月中頃までに摘み取られます。

初物(はつもの)という意味を込めて
新茶と呼ばれています。

また、

「夏も近づく八十八夜・・・」

という茶摘の唄は有名ですが、八十八夜とは何?
って思った事はないですか?

この八十八夜とは立春の2月3日から数えて
88日目のことです。
この日に摘み取ったお茶を飲むと
無病息災で過ごせるとか・・・。

今年の八十八夜は5月2日でした。
八十八夜の頃に摘んだ一番茶は、
葉が柔らかく、香り、味、色と
どれをとってもみずみずしさが一番で、
水分やミネラル分を多く含んでいます。
そのためほんのりと甘く新鮮な味がするわけです。
二番茶、三番茶と回を追うごとに
お茶は渋味を増していきます。

また、
お茶は健康や美容にもよいとされています。
昔はお茶を薬として飲んでいたくらいですから・・・。

さらに日本人にとって
お茶がどれほど当たり前であったかは

「日常茶飯事」

という言葉でも残っています。
「日常茶飯事」の意味としては
何の変哲も無い当たり前のこと、
という意味。日常でお茶があることが
当たり前なのです。

皆さんにとっての当たり前は何でしょう?

予習復習が当たり前の人もいるし、
そうでない人もいると思います。

この当たり前のレベルで
定期考査では差が出ます。
さらには大学受験でも・・・。

皆さんの当たり前が、
今後の結果として結びつくように
頑張ってみましょう。
特に予習復習・そして毎日少しの基礎固め。
それが「日常茶飯事」になれば
皆さんのこれからが大きく変わります。


皆さんの「日常茶飯事」で
やることを明確にしてください。






当blogは人気ブログランキングに参加しています


| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/587-02abb128

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。