爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親ばか?

子は親からいろんなことを学びます。
親も子から学ぶことが沢山あります。
紆余曲折があったとしても
それを一緒に乗り越えるからこそ
親と子の「絆」が深まっていくのかもしれないですね・・・。

【第417回】



今年の4月から、

徐々に学校へ足が向かなくなっていたK君。

夏休みに埋め合わせの補習を

受けることに・・・

で、心配になり

「ちゃんと受けた?」

とたずねると

「うん。補習は行った。たぶん大丈夫・・・」

「あ~そう!よかった!
2学期からは遅れをとりもどそうね」


「いや・・・
まだそんな気にはなれなくて・・
学校おもしろくないし・・
仕事した方はましかなって思って・・」


「ん・・・?!」

いろいろ話を聞いてみると、

特にこれといって問題がみつかりません。

しいて言えば、

学校やめてテキトーに

バイトやってる友達が

うらやましいらしい。楽しそうで。

どうせ勉強も解らないから

いっそのこと・・。という感じ。


実はわたしには

17歳の子供がおります。

小学校6年の夏から暴走し始め、

学校に行かなくなる、

警察には呼ばれる、

そしてヒキコモリ・・・

卒業式も出ないまま卒業。

という息子です。

そうなるキッカケはかにありました。

が、そこから立ち直るまでは、

それ以上に、

それなりの死闘がありました。

自分の子供なんだから

苦しむにはあたり前なんですが、

ホント辛かったです。

子供の気持ちを思えば思うほど、

ぐるぐる巻きの悩みに

はまりこんでもがきました。

そんな息子を立ち直らせてくれたのは、

中学時代からのたくさんの友達でした。

時間は必要でしたが、

うそのように素直になりました。

ものすごく感謝しています。

で、ヒキコモリから立ち直り、

さあ~がんばろう!と思った時、

彼の前にたちはだかったのは

<中卒>

という肩書きでした。

右も左もわからない子供を

預かるほど世間は甘くありません。

もちろん、

仕事も選べるほど余裕もありません。

それから、何度も挫折しながら、

やっと人並み程度の

信頼をもらえるようになりました。

たまに、中学時代の友達や後輩が、

学校やめたいと言うときがあります。

そのときは必ず息子はこう言います。

「学校行かせてもらえるとなら、
行っとけよ。中卒はいかん」


「中卒は孤独だけん」

さっきのK君にこの話をしました。

「わかった。卒業する・・」

「そうね。その間に自分のことを
もっと知ろうよ。自分自分の中の可能性をね」


もっと、もっと、もっと、

自分自身に欲張りになって欲しい!!

そう思います。

ちなみに、わたしは息子が大好きです。 

親バカですみません。

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています


| 親子関係 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/319-d3767d72

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。