爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピンチはチャンス?!

負けてこそ、わかること。
それを如何に「糧」にできるか?

結局、「自分次第」なんだと思います。


【第387回】


いつものように生徒宅に電話していた時の事。

受講生のSくんのお母さんに

「もう駄目かもしれません」

と言われてビックリ(@_@)しました。

現在3年生のSくんは、中学時代から

ずっと野球部に在籍しています。


ポジションはピッチャー。

でも怪我に悩まされる事が多く、エースナンバーをつけることが

なかなかできないでいました。


監督の「1日300球投げ込みしろ」などの無茶な指令を

必死にこなし、最後の大会でようやく先発の座を勝ち取りました。

テレビの中継でのインタビュー。

「彼は私が自信を持って先発にしました」と監督。

「きっとやってくれると思います」とお母さん。

監督からの太鼓判、お母さんから期待、

そして全校応援の声を一身に受けての先発マウンドでした。


いよいよプレイボールっ!



ところが・・・


今までベンチで応援するだけだった状態から一気に試合の中心に。

プレッシャーで、意識はハッキリしているものの、

体が思うように動かなかったそうです。


加えて、ボールぎりぎりのコースを突いて攻めるのが、

S君の持ち味なんですが、

この試合、「辛口なことで有名」な審判が主審。

S君の「決め球」はことごとくボールの判定。

結果リズムはガタガタ、1回表で失点3、

初回で降板してしまったとのことでした。。。

ベンチに戻って監督から詰られ、

レギュラー落ちしたメンバーからは

「ユニフォーム返せ」と罵られ、

帰宅後も沈みっぱなし。

最終的にチームは打撃陣の頑張りでチームは勝利しましたが、

S君は沈んだテンションのまま合宿へ向かったそうです。


・・・で、「もう駄目かもしれない」とのこと。



そこで自分も過去に大事な試合で負けた事、

地元に帰る度に同じ内容で責められる事を話しました。

一度プレッシャーに負けたこと、つまり自分に負けたこと。

それをどう受け止めて、どう行動するかが大事であること。


するとお母さんは、ちょっと落ち着いて、

「是非息子にもその話をしてあげて下さい」

とおっしゃってました。



勝負は瞬間的なもの。受験も当然そうですが、

人生において同様に窮地に立たされる事は多くあります。

ピンチになった時にこそ真価が問われる。

生徒に話しながら、私たちもそう有らないとな、

と改めて思いました。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 親子関係 | 11:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/285-bec5f992

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。