爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

○△× 6講目

『○△×』の使い方の6講目です。
今回は『×』について。。。

参照:
1講目 ・ 2講目 ・ 3講目 ・ 4講目 ・ 5講目 


【第321回】


“×”は、
「なんだ、こんなの簡単じゃん!

余裕綽々、屁の河童!

いつでも、テストに出してくれ!」
そういうところでしたね。



この“×”の印は、

「もう、おしまい!」

という意味です。

カレンダーで、
過ぎた日に“×”をつける、
あの感覚です。

問題集とかって、
くり返しやることが大事と言われていても、
1回やったら、2回目ってやりたくないですね。
まして、3回、5回、10回なんて、考えられない...

はたして、そうでしょうか?

私は、問題集なんて、
何十回も見直すもんだと思っています。
1回で覚えきれるほど、
頭が良くないですから...(_ _;

でも、1回やるのに1ヶ月かかるとして、
同じペースで10回やったとしたら、
3年生は受験が終わってしまいます。
回を重ねて、解答速度が上がってたとしても、
半年はかかりますね。
受験までこんなペースでやったら、
いったい何冊仕上げることができるのでしょう?

そこで、この“×”が生きてきます。

“×”は、つまり、
「やらなくて良い」
というところです。

ですから、1回目が終わるまでに、
“×”のところが、最低でも半分以上になるように、
“△”のところを、ちょこちょこ見直しをしながら、
覚えきったところから順番に、
随時“×”に変えていくんです。

そうすれば、2回目は半分の日数でできます。
3回目は更に半分、4回目はそのまた半分...
2ヶ月あれば、1冊の問題集を6回できる計算です。

否、実際は、見直しを含めて、
何十回もやることになりますね。
しかも、楽ちんに!(^o^)♪

効率を考えて勉強するには、
「やらなくて良いところを増やす」という感覚も大事なんですね。

さぁ、いかがだったでしょうか?
これで、“○”“△”“×”のお話はおしまいです。

このテクニックも、
「なるほど」と思っただけでは、
“△”どまりですよ!
勉強するたびに活用して、
“×”に変えられるように...

がんばれ!\( ̄□ ̄)/

===完===



たくさんの方と交流できるよう、人気blogランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ


| 勉強法 | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/209-32b609c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。