爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「持ちものに『今まででいちばん良かった模試の成績表』も入れてください」 ブログネーム.kariya 受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



【第1375回】

kariya 受験指導部のプロフィール


 タイトルを見て「なんだなんだ?」って思った人が多いと思いますが、私は今、今までずっと見守ってきた生徒の中で『本番というかプレッシャーに弱い』と思われる繊細なコには「本番の持ち物の中に『今までの模試の中でいちばんデキの良かった結果』を入れるように!」と言っています。
 もちろん言われた生徒の方は「……はい?」ってきょとん、とします(笑)。
 でもこれには理由があるのです。


 これはもう何度も何度も聞いている話でしょうが、『大学受験』は高校受験とは全く別物です。
 内申点の助けはないし根本的に『落とすための試験』だしで、同じ『受験』と名前がつくのにシステムも感覚も全く違います。

 またもう1つ違いをいうと、一度大学受験を経験している『浪人生』もいます。
 これは先輩受講生がみんな言いますが、浪人生はかなりの脅威です。
 なんていうかもう、醸し出している空気が違うのです。
 その空気に呑まれて……という先輩受講生も少なからずいました。

 それから……受験番号も高校入試と違い同じ学校から来ている人である程度まとまっているというわけではなく、先着順あるいは受験者の中での『あいうえお順』で発行されるので、下手をしたらセンター試験でさえ『教室に同じ学校から来ている人がいない』ということも考えられるのです。

 そうなんです。
 そんな環境でみなさんは受験をしなくちゃいけないんです。
 なんかめっちゃ心細いですね(涙)。

 試験の本番では頼れるのは自分だけ。
 誰も助けちゃくれない。
 厳しいけれどそれが現実です。

 だから『いちばんデキのいい模試の結果』が必要になるのです。


 自信はたいていの場合『自分の過去』からしか生まれません。
 そこで『いちばんデキのいい模試の結果』が役に立つのです。
 不安に押しつぶされそうになったとき、それを見てみる。
 で、こう考えてください。

 自分は過去にこれだけの結果を出してるんだから恐れることは何もない。

 その模試の結果はたまたまだろうがナンだろうが、他の誰でもないあなた自身が出した結果なんです。
 それを思い出してください。

 
 自信とは『自らを信じる』と書きます。
 本番では信じられるのも信じるしかないのも自分だけ。
 あなたの人生がかかっているこの大勝負で自分が信じられなかったらおしまいなんです。
 どうか、どうか、自分を信じられるようになってください。
 それができるかどうかは、今にかかっているのです。
  

 

| とある受講生 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1377-e99bf801

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。