爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「空気を読まない生活のススメ」 ブログネーム.kariya 受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


いつもなら「自分勝手」と嫌われてしまうこの行為。
でも今はいちばん大事なことなのかもしれません。

【第1368回】

kariya 受験指導部のプロフィール


 あくまで私個人の意見なんですが、11月っていちばんキライです。
 というのも、いちばん生徒達の心がせわしなくなるのです。
 だからそれをなだめるのがホントに大変。
 それに、それを見ているとなんだかとってもかわいそうになってくるし。
 だからキライです。

 11月になると人それぞれの道を選ぶといったらいいのでしょうか、まわりはいろんなことをし始めます。
 大学の推薦入試を受ける人、専門学校に願書を出す人、就職試験を受ける人。
 そして……年明けからの受験に向けて黙々勉強する人。
 この中で今の時期いちばんしんどいのは……最後に書いた「年明けからの受験に向けて黙々勉強する人」です。

 というのも。
 大学の推薦入試、特に指定校推薦枠や専門学校の入試、就職試験はほとんどの場合年内で決着がつきます。
 しかもこれらはよほどのことがない限り合格(就職は内定)します。
 そうなると彼らは……わかってはいるけれど「バイト」「教習所」「遊び」を学校の先生たちの目を盗んで始めます。
 だってお父さんもお母さんも「勉強しろ!」って言わなくなるし。
 だからまぁ、要するに「浮かれポンチ」になるわけです(笑)。

 でも。
 指定校推薦以外の推薦入試を受けた人でまだ結果が出てないあるいは残念ながら不合格だった人一般入試しか受験しない人にとってはこれははっきり言ってものすごい迷惑
 「気ィ遣えこら!」と怒鳴りたくもなる。

 ……でも。
 すでに進路が決まっている人からしてみたらこう思うんです。

 んなこといってもそうするって決めたのはあなたでしょ、八つ当たりしないでくれる?!

 って。

 そうなんです。
 この時期はどうしたって「進路が決まった人」と「まだ進路が決まってない人」の間には溝ができるもの。
 それが仲の良い者同士なら場合によっては拍車がかかる。
 まだ進路が決まってない方はもう決まっている友達を見て「いいよなぁ」と羨ましいし「なんで自分ばっかりこんなこと……」って自分に対してなのか友達に対してなのかもうわからないくらい恨めしくもなる。
 
 けどわかってほしいのは、

 そんなことをしてみたって何にも変わらない
 
 ということなんです。


 あくまでこれは私の意見ですが、こういうのって別に今決まろうがあとで決まろうがそんなのはホントは些細なことなんです。 
 まずみなさん「なんで自分は勉強しているのか、推薦入試を受けなかったのか、専門学校や就職にしなかったのか」を考えてみて欲しいのです。
 「だって学校の成績なかったし……」っていうちょっと(いやかなり?)悲しい理由かもしれないし、「小論文とか面接とか絶対イヤ。それならまだ苦手な教科を勉強している方がはるかにマシ」っていう理由かもしれないし、「とにかく大学がいい!専門とか就職はヤダ!」っていう理由かもしれないし……。
 とにかく、自分なりに理由があって今こうして勉強しているわけです。
 なんていったらいいんでしょうか、結局今勉強している理由って自分の中にある「大学に行きたい」があるからやっていることなわけです。

 じゃあ同じように「なんで友達はそうしたのか」を考えてみましょうか。

 もしかしたら「どうせ一般じゃ無理だし」って諦めてやむを得ず推薦入試を受けたのかもしれない。
 もしかしたら「どうせ大学受かんないし」って諦めてやむを得ず専門学校あるいは就職にしたのかもしれない。
 もしかしたら1年生のときから勉強を頑張っていたからそのご褒美として「指定校推薦」をもらえたのかもしれない……。

 ね?
 友達もなんらかの理由があってそうしたわけです。

 だからもしかしたら友達は妥協してそうしたのかもしれない。
 もしそうだとしたら別に友達のことを羨ましがる必要なんてないんです、ホントは。


 年明けから始まる一般入試に向けて勉強している皆さんに私は声を大にして言いたい。
 それは、

 こういうときこそマイペース。
 細かいことは気にしなーい。


 ということ。
 ある意味情報に疎くなって欲しいなと思うのです。 

 例えばクラスの○○くんが受かったとか△△さんがダメだったとか、そんなのは知らないからといってなんかになるかというと別になんにもならないし。
 いやもしかしたら「受かった話」は聞くたびに「ちっ」っていう余計な感情が出てくるかもしれないから知らないほうが幸せかも、と思ったりして。

 あとはそうそう、友達の模試の結果も知らないほうがいい。
 うっかり点数が上がった話や判定がよくなった話を聞こうものならたいていは「どうしよ~!!」ってパニックになる。
 ホントは「前が悪すぎたから上がっただけ」とか「マークだったら問題ないんだけど記述の方がね……」というオチがあったり、よく見てみると色々あったりするから慌てる必要はこれっぽっちもないのにどうしてもこの時期はろくすっぽ人の話を聞かずに焦ったりする。
 で……勉強が手につかなくなる。
 そんなことになるくらいなら何にも知らないで能天気に「さぁ今日も勉強がんばろー!」って言ってるほうがいいに決まってる。
  
 ……って私は思うんです。


 マイペースって普段は「KY」だの「自分勝手」だのって嫌われる要素だったりしますけど、今はそれぐらいがちょうどいい。
 だって今って自分の人生半分決まっちゃうような時期だもん、ちょっとぐらい自分勝手でも誰も怒らないよ。
 ……って私は思います。

 あえて空気を読まない生活。
 一般受験目指している皆さんには超おススメ品(?)として提案いたします。  

| とある受講生 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1370-1bfa5ca8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。