爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「大学受験からみる『大人になること』とは」ブログネーム.湘南ホープ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


大学入試ってただ単に「頭のいい人」が合格するわけではない。
高校入試よりもはるかに「自己管理能力」「自己責任」を追及されます。
つまりそれは、近い将来社会に出るための準備でもあります。
それができた者だけが合格できるのではないでしょうか。

【第1367回】

湘南ホープのプロフィール


 「何歳からを『大人』と考えるか、1600字以内で論じなさい」
 
 これは、私が大学入試の小論文対策を教えていたときに見つけた、ある大学の過去問です。


 最近、法制審議会という所が『民法における「成人」を現行の20歳から18歳に引き下げるのが妥当だ』という報告を出しました。
 成人と未成年の違いはというと、例えば未成年は、選挙に参加する事はできませんし、親の同意なく結婚など契約することもできません(お小遣いの範囲での売買契約などはできます)。

 受験生のみなさんのほとんどは、もう18歳になっているか、もうすぐ18歳だと思いますが、今の自分が「大人」として選挙に行って政治に参加し契約に全責任を持つ、ということが想像できるでしょうか?

 私が高校3年生だった頃は、恥ずかしながらそこまで責任を持てるという自信はなかったように思います。

 私は、「大人になる」「責任を持てるようになる」には、

 知らない世界に飛び込むために、自分を高める

 という経験が非常に大事だと思います。
 具体的には、高校入試や大学入試、就職活動などですね。

 やっている最中には「大変だなぁ」とばかり思っているかもしれませんが、後でその時期の事を振り返ると、精神的に成長する良い機会だったなぁと思うわけです。

 自分の将来について考えたり、長期間我慢したり、計画的に物事を進めなければいけなかったり。
 それらは確かにいろいろ苦しい事もあるかと思いますが、それらが全て将来の糧になると思います。

 大学受験もそろそろ大詰めですね。
 「行きたい大学に行くための試験」でもありますが、
 「大人に近づくためのステップ」でもあります。
 本番までもう少し頑張って、大人の階段を上っていってください。

| とある受講生 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1369-f9270cda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。