爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

《学ぶ楽しさ》 第12話  ブログネーム.岡山桃っ子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


桜の季節もほぼ終わり、学年が改まって、特に新3年生の皆さんは
いよいよ受験生として気合を入れていることでしょう。

今回のテーマは読書の勧めです。
(by-岡山桃っ子)

【第1334回】

岡山桃っ子のプロフィール


 「読書」と聞くと、夏休みの読書感想文を連想するかもしれませんが、別に感想文を書く為に読むのではなく、何かの知識を得る為に読むと考えてください。私岡山桃っ子は最近読書にはまっております。ジャンルは歴史物が多いのですが、読む本はどんなジャンルでもよく、ただ自分が知りたい内容であれば、それで構わないと思います。


 私の場合、どこかに行ったら、その土地に関係する本を読みたくなります。1月は彦根城に行きました。すると、井伊直弼に興味が出てきたので、『桜田門外の変』〈上〉〈下〉を読みました。一緒に彦根城に行った友達は『花の生涯』〈上〉〈下〉を読んだそうです。それで、お互いに読み終わったら交換することにしました。3月は備前福岡(九州の福岡ではなく、岡山県瀬戸内市にあり、「福岡」という地名の発祥地)に行きました。すると室町時代からそこに住んでいた黒田氏のことに興味が出てきて、黒田官兵衛(豊臣秀吉の臣下)に関する『播磨灘物語』を読んでいます。また、黒田氏とは関係がありませんが、江戸時代に医者から討幕軍の総司令官となった大村益次郎に以前から興味があったので、『花神』〈上〉(中)(下)も読み始めました。

 若かりし頃はあまり読書をする時間を作っていませんでしたが、今は通勤電車の中で読書をしています。片道10~15分、往復20~30分の短い時間ですが、私にとって電車は集中できて大切な空間となっています。パソコンのスイッチを入れて立ち上がるまでの時間に読書をすることもあります。家ではお湯を沸かす間や歯磨き中にも読書ができます。とにかく細切れの時間で少しでも読むようにしています。

 読書を通じて感じることは、高校の日本史ではたった一言や数行で済まされている出来事が、物語を読むことによって詳しく知れ、今まで学校で習っても頭に入らなかった事が、深い霧がだんだんと晴れていくかの如く明らかになっていくのです。歴史は人物抜きには語れません。その人物に焦点を当てることにより、時代の背景が知れ、ある事件や戦いがなぜ起きたのかなどもわかってきます。

 高校生の皆さんは日々の宿題や予習に一杯一杯で、なかなか本を読む時間が取れないかもしれませんね。そんな暇があったら明日の小テストの勉強をした方がいいと思うでしょう。ただ、一見勉強に関係ないように思える読書から得られる知識が、意外な場面で役立ったりもするんですよね。読書は長い時間をかける必要はありません。一日の内ほんの数分でもいいのです。自分の興味がある分野の本でいいので、生活の中の隙間の時間(探せば必ずあります!)に少しずつ読み進めてみてください。自分が体験したことのない事を疑似体験することができて、世界が広がりますよ。これ即ち「知る楽しみ」だとは思いませんか?





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




予約宿名人



国内格安航空券サイトe航空券.com

父の日・ギフト・花束・母の日

| 《学ぶ楽しさ》 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1335-3a39e6a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。