爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「全てを一発解決する方法」 ブログネーム.越後の雪椿女王

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


1つの受験が今年も終わり、
合格して晴れて大学生になった生徒、
惜しくも合格を勝ち取ることができず、
それでも果敢に今年もトライを決めた生徒、
親や先生に言われてまたは自分で見切りをつけて
簡単に受験をあきらめた生徒、
今年もいろいろな生徒がそれぞれのドラマを作りました。
(by-越後の雪椿女王)

【第1331回】

越後の雪椿女王のプロフィール

見事合格を勝ち取った皆さん、入学おめでとうございます。

もう1年がんばる皆さん、今年の問題点をきちんと見極め、
一緒にがんばりましょう。

あきらめてしまった皆さん、
大学生以外の道を目指すことを決めたのですから
「これでよかった」と思える道を見つけてがんばってください。

今年受験生になった皆さん、自分が本当にしたいことは
何なのか今一度真剣に考えてください。

道は1つではありません。

あなたの選んだ道が受験ではなく
ほかの道ならそれも正解なのです。

それが本当に目指したいことで、
どんな人にも胸を張って言えることなら、
その道を進んでください。

今迷っている人は、慎重にもう一度考えてみてください。
決められない人は、次の文を読んで
あなたの迷いを解決する為の参考にしてください。

全てを一発解決する方法
(『 ただ心の在るがままに~ 人生は、
その心の状態に導かれる状況の連続である ~ 』 大島佳子著より)





少なくとも私は、この方法で、人生のほとんどを
「光」のエリアに心が在る状態で乗り切ってきました。


最初の結婚相手の家族に自殺者が立て続けに出た時も、
二番目の結婚相手が不治の病だったときも、
転職を何回かしたときも、四十をこえてバツ2になる決心をした時も。


こう列挙すると、暗い激動の人生にしか見えませんが、
本人は「光」の状態で過ごしているので、戻りたい時期や、
やり直したいことは、基本的にありません(
決して脳天気な性格なわけではないと思います。


実の親にも「面倒くさい奴」と言われるくらいですから、
いろいろ考えた挙句「光」側に存在することを選んでいるだけです。


世の中には、「光」でいることを選択しやすいタイプの人と、
「陰」でいることを選択しやすい人がいます。
この人みたくなりたい、でも、こうはなれないなぁ…という人いませんか?


すごく明るい光を発しているような人。
悩みなく、何でもパッと決断し、ドンドン実行に移していける人。
細かいことが気にならない、おおらかな人。


人それぞれ、すごいなーと思い浮かぶ人がいることと思います。

私の憧れは、別れてしまった二番目の夫の義理の母です。
三年間同居をしていましたが、とても幸せな時間を過ごせたのは、
義母のお陰だと今でも思っていますし、心から感謝しています。


あたたかく、おおらかで、とても素直で公平な人です。
細やかな感受性を持ちながら、
いつでもポジティブな発信ができる人です。

彼女の周りには、その温かさに惹かれ、いつでも人が大勢集い、
たくさんの人に愛されて人生を過ごしています。


年を重ねていくうちに、義母のようになれたら良いなと、
今でも私が目標にする人です。


私は散々考えて、何とか、一生懸命に、
「光」の側に存在することを選択しているようなところがありますが、
義母は存在自体が「光」なのだと思います。


だから私は、なぜ、義母は「光」で居続けることができるのだろうと、
いつも考えていました。

私との一番の違いは、
出来事に対する「受取り」だと思っています。


私をはじめ、多くの人は、出来事が起きると
「これからどうすれば良いか」を考えます。
それは良いと思うのです。


しかし、その前段階で、まずは「出来事をまっすぐ受け止める」
ということが、いかに重要かということを、最近は思います。



どうすれば良いか…だけを考えると、
空回りすることが多いのではないでしょうか?



私の身近な人は、どうすれば良いかを考えるということに対して、
「ものすごく面倒くさい、悩んでいる時間が心の負担になる」
と言っていました。


解決の方策が見当たらないからなのかもしれませんが、
世の中すぐに解決する悩みばかりじゃありませんよね?

そんなとき、どうなりたいということだけを考えるのではなく、
まずは、まっすぐ自分そのものを受け止める時間を
大切にしてみてはいかがでしょう?



刑務所の二人を思い出してください。

なんで刑務所になんかいるんだ!
死ぬまでここにいるのか!

と、過去や未来に心が行ってしまって、
今刑務所にいるという事実を受け入れられないところから、
泥を見るという行動に出てしまい、その行動の結果、心理が暗くなり、
幸せを取りにいけない状態になっているのではと思いませんか?


あなたの心が、少しの時間でも「光」の状態でいやすくするために、
どうぞ、今の自分をまっすぐ受け入れてあげるところから始めてください。



季節は春に向かいますが、
世の中の不況は段階を追って、
更に厳しいものになることが予想されます。

その中でも、「光」を見出す人は、
きっと「ありがとう」を言えたり、
人に笑顔をみせることができるでしょう。


その行動が自分に幸せを呼び寄せるものになると、私は思います。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




予約宿名人



国内格安航空券サイトe航空券.com

父の日・ギフト・花束・母の日

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1332-a5bce9e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。