爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『受験勉強ってナニ?』 ブログネーム.kariya受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


3年生は残すところ国公立後期試験と一部の私立の後期試験となりました。
けっこうココで踏ん張って最後の最後で合格を勝ち取った先輩受講生も多いです。
手元に受験票があるならまだわかりません。頑張ってください!!
(by-kariya受験指導部)

【第1308回】

kariya 受験指導部のプロフィール


 ……さて。
 1・2年生の皆さん。
 じわりじわりと『受験』が他人事じゃなくなってきましたね(汗)。
 そこで今日はこんな小話を。

 お題は、『受験勉強ってナニ?』

 通っている学校にもよりますが、『自分の学校、とにかく宿題が多いんですよ!』『学校の補習の予習や復習で手一杯で……』という声をよく耳にします。
 でも、あえて厳しいことを言いますが、それは『受験勉強のホンの一部』であって『受験勉強の全て』ではないんです。

 だから、蓋を開けてみると、「頑張ったのに……あれ?」っていう非常に残念な結果になってしまうことも多いです。


 ……何故だ?


 って思ったことはないでしょうか。

 実は、『宿題や補習』は『自分がやるべきこと』と一致するとは限らないからなんです。

 例えば、数学
 学校の宿題ではⅠAの範囲をたんと出してくれたとしましょうか。
 でも、もしもあなたが点数が取れなくて苦労しているのがⅡBだったらどうでしょう?

 ……別に学校からの宿題が無駄とは言いません。
 勉強は最後は『繰り返し』が勝負になりまから、ⅠAの内容を忘れないようにするために学校のその宿題もやるべきです。

 でも、受験勉強となったら、それをやりながら自分でⅡBの分野を勉強できる問題集を使って同時に勉強しなくては今以上の成績を取るのは難しいのです。

 そうなんです。
 『学校の宿題や補習+自分の弱点補強』で初めて『受験勉強』と呼ぶのです。
 『学校の宿題や補習』だけでは受験勉強とはちょっと言えないのです(汗)。

 多分先月あたりに初めて『マーク模試』を受けて、そろそろその結果が戻ってきていると思います。
 ちょっとそれを広げてみてください。
 そして、成績表の下あたりを見てください。
 恐らく「項目ごとにどのぐらいの点数を取ったのか」がわかる表があるはずです。
 それを見れば『宿題だけやっていれば大丈夫』なのか『宿題だけやっていてもちっとも大丈夫じゃない』のがわかるはずです。
 もしわからない場合は担当の方に見てもらって『これから何をすればこれ以上の点数が取れるようになるのか』を知ってください。

 そろそろ『宿題だけで精一杯』という状況を卒業しましょう。
 ちょっとの工夫で宿題は今までよりも早く終わるのです。
 例えば……『わからない問題をいつまでも考えるのをやめる』とか『解説を読んでもわからないのにいつまでも「これはどういうことだ?」と考えるのをやめる』とか、そういったことをするだけで宿題にかける時間は減らせるのです。
 答えや先生をもっと活用しましょう。
 何でもかんでも自分で背負うのはやめましょう。
 確かに勉強は頑張らなければいけないけれど、頑張るところを間違えては『無駄な努力』になってしまうのです()。

 今まで、「なんでこれしかないのにこんなに時間使ってるの?!」っていう思いをしたことがある人にあえて言います。

 頑張るな!!
 頑張っちゃダメ!!


 変なアドバイスですが、わかりますよね?





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




予約宿名人



国内格安航空券サイトe航空券.com

父の日・ギフト・花束・母の日

| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1309-ac296a75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。