爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「我武者羅應援團」 ブログネーム.肥後椿娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


我武者羅應援團
管理人もこれまで存じ上げませんでした。
ちよっと調べてみましたが、すごい方々です!!!

【第1292回】

肥後椿娘のプロフィール


 我武者羅應援團をご存知ですか?
 その名の通り応援団なのですが…。
 気合と本気の応援で世界を熱くするめちゃめちゃかっこいい人たちです。


 我武者羅應援團が結成されたのは2007年。
 一人の青年の応援団に対する熱い思いからスタートします。
 彼は15年前(15歳、高校1年生の春)に、憧れだった応援団の門をたたきます。
 しかし、厳しい練習、厳しい先輩に新入生は彼一人という状況に怖くなり、正式な入団を前に逃げ出してしまったのです。
 それから年月がたち、社会人になりました。
 しかし大人になっても、自分の人生を振り返るたびに戦わずして逃げた自分が悔やまれました。人生もう一回やり直すことができるならば、逃げ出したあの瞬間に戻りたいと。
 ある日、彼は気づきました。


『大人になってから

応援団を作っちゃいけない

法律なんてない!』

 彼は応援団を作るために、方法をいろいろ調べました。そしてその中で、とある大学の応援団が目にとまりました。彼はすぐに、その大学の応援団に熱い 想いを伝え、練習に参加させてもらい、基礎からしっかり応援団というものを教わりました。また、団員を集めるために友人に片っ端から声をかけていきました。しかし、ほとんどの友人はとりあってくれませんでした。それでもあきらめず、彼は声をかけ続け、とうとう団員7名の応援団を結成するに至ったのでした。
 今では彼らは少し人数も増え、いろいろなイベントや公演に出没して大活躍です。


 私が彼らをはじめて見たのはちょうど一ヶ月くらい前のことです。
 オールバックに学ラン姿の青年たちが、大真面目に大声で精一杯応援をするのです。
 彼らのパフォーマンスは…はじめはその勢いに圧倒され、次に、笑わずにはいられなくなり、最後に、何故か泣きたくなっちゃうんです。
 我武者羅に、一生懸命な姿が心を動かします。
 人は人を本気で応援すると、それだけで人を感動させることができます。
 そして、その姿が人にパワーを与え、一歩踏み出す勇気を与えちゃうのです。


 30歳過ぎて応援団を作り、馬鹿馬鹿しいと思われても、何を応援するんだ?とあきれられても、自分の心に正直に生きている彼を素晴らしいと思います。


 逃げたことを後悔するだけの人はたくさんいると思う。
 逃げたことを認めることができずに見ないふりをする人もたくさんいると思う。
 人間は弱い。逃げてしまうこともあると思う。
 だけど、その逃げた自分としっかり向き合い、そしてもう一度やり直すなら、それがいつでも遅すぎるということはないと思う。


 でも、できれば逃げる自分を奮い立たせ、逃げない選択をする人でありたいと思う。
 彼のように逃げた自分と向き合い、やり直すのは、その逃げた時より何十倍、何百倍の勇気が必要になると思うから。
 精一杯そのときそのとき、後悔のない選択をできる自分になっていきたいと思う。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





                          合格などのお祝いやお世話になったあの先生に花束を・・・

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1293-a1609971

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。