爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「小論文や面接で・・・」 ブログネーム.越後の雪椿女王

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


しっかりポイントを捉えた対策を心がけましょう☆

【第1284回】

越後の雪椿女王のプロフィール



国公立の前期試験まであと10日ほどになりました。

自習室の生徒たちも、次第に落ち着かなくなり・・・・

この結果で合否が決まるのですから無理もないのですが、
気持ちとしては全員に合格してほしいと思っています。

しかし、現実はそうもいかず
私立受験がメインだった生徒の中には早くも
「浪人します」と報告してくる子もいるんです。

そんな中で、2次が小論文や面接の試験がある子は四苦八苦しています。

どの大学でも面接でよく聞かれるのは
「将来、どうなりたいか?」
といった質問なんですが、この質問に頭を抱えてしまう生徒は多いんです。

そんな生徒はまず、10年後の理想の姿つまり、
自分の夢を箇条書きで書き出してみましょう。

できるだけ具体的に、10年後の自分の姿を書き出してみましょう。

できるとかできないとかを気ににせず、どんどん書き出しましょう。

書き出したら、10年後の理想の姿をかなえるために、
1年さかのぼって、9年後の自分の姿を書き出してみましょう。
思い浮かびますか?

9年後ができたら、8年後、7年後と、
どんどんさかのぼって、現在までたどりつきましょう。
自己紹介で思い出した過去の自分とつながりますか?

つながらなければ、テーマの選択が間違っていたことになります。
もう一度考え直してみましょう。

このようにして、テーマを決めていけば、
「大学に入学してからしたいこと」
「卒業後の進路」

といった質問にも自然と答えることができます。

面接や小論文は、
自分の意見を相手にわかりやすく伝えることも大切な一つです。

どんなに立派なことを考えていたとしても、
よい提案を思いついていたとしても
相手に伝わらなければ、その意見はとおりません。

自分の気持ちを、相手にわかりやすく伝えられているかどうか、
メモや、自分の文章を客観的に読み返してみましょう。

あなたがラブコールを送ろうと決めた大学です。
合格のために、熱いメッセージを届けてください。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)



| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1285-9172f2d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。