爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

《学ぶ楽しさ》 第9話 ブログネーム.岡山桃っ子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


桃っ子さん!
またまた「おめでとうございます!!」

【第1263回】

岡山桃っ子のプロフィール



 3年生の皆さん、センター試験お疲れ様でした。2次の出願校はもう決まりましたか?予想外の展開になってきたと思っているあなた、入試の本番はこれからですよ。決して弱気にならず、自分が行けそうな大学ではなく、「行きたい大学」を選んでくださいね。


 さて、今回は「血と肉になるには?」というテーマでお話する約束でしたね。皆さんはこれから自分の「血と肉になっている知識」を最大限活用して2次試験に臨む訳です。「血と肉になっている知識」とは、頭で考えなくてもすらすら出てくる知識のことです。つまり、脳の中で「長期記憶」に入っている知識です。

 記憶には「短期記憶」「長期記憶」があることは知っていますか?「短期記憶」は例えば定期テストの前に一夜漬けで覚えた英単語などで、テストが終わったら忘れてしまいますよね?でも、しょっちゅう使っている英単語だったら、無理に頭で考えなくても、勝手に口をついて出てきますよね?それが「長期記憶」です。要は「長期記憶」をできるだけ増やせばいい訳です。


 その為にはどうしたらいいと思いますか?そう、繰り返すことです。その時、やりやすい方法は、たくさんの事を一気に覚えようとしないで、少量から始めることです。私が今習っている謡(うたい)がいい例です。

 私は去年の4月から謡を習い始め、一番新米です。先輩方は一回のお稽古で3ページ以上進みますが、私はせいぜい2ページです。始めたばかりの頃は半ページ程でした。私がやっているやり方は、一回のお稽古で師匠がテープに録音してくださる謡を繰り返し聴きながら真似をしています。たったそれだけです。でも、不思議なことに、初めて聴いた時は難しそうだなと感じた部分も、飽きるぐらい繰り返し練習を重ねると、難しく感じなくなるのです。恐らくあらゆる分野で活躍している人達は毎日その繰り返しをやっているのだと思います。どんなに大量なお稽古でも、少しずつ進めていけば、必ず終わります。勉強も同じだと思うのです。「少しずつ」「繰り返し」がポイントです。そして、努力しなくても勝手に出来るようになれば、次に進んだらいいのです。


 私はいつも不思議に思うのですが、自分の名前と住所はどんなに難しい漢字でも、正確に書くことができますよね。これを勉強に応用すれば、どんなに難しい事でも出来るようになると思いませんか?にもかかわらず、ちょっと難しそうな問題が出ると解こうとする気持ちさえ持とうとしない人がいるでしょう?それは自ら可能性を捨てていることになるんですよ、やれば出来るのに、もったいないですね。人生何でもやってみなけりゃわかりません。


 最後に、私が最近体験した事をお知らせしておきます。私は去年ある人から得た情報を頼りに、裁判所へ傍聴に出掛けました。その際、ふと思ったのが、被告人が中国人だったら…ということでした。そこで、問い合わせてみたところ、「法廷通訳」の存在を知りました。そして先日、「法廷通訳」の面接を受け、合格しました!偶然掴んだチャンスでした。皆さんの周囲にも色々なチャンスが転がっていますから、お見逃しなく!!





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 《学ぶ楽しさ》 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1263-1b12158f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。