爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「今日1月18日は何の日だ!?」 ブログネーム: 湘南ホープ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


人生のターニングポイントにもなりえる大切な1日ですよね☆

【第1256回】

湘南ホープのプロフィール


そう!センター試験の最終日!!

高校三年生の皆さんは、喜んだり、
ほっとしたり、やる気再浮上?な人・・・、
色々な人がいると思います。

今はとにかく、日々BESTを尽くす事だけを考えましょう!
高校二年生の皆さんは、「いよいよ来年だぁ~!!!!!」
と、少し焦りを感じている人もいるかと思います。

そう!!!!

もうあと365日ですよ!
今日をきっかけに、基礎の見直しをしましょうね!


そんな訳で、今日は、センター試験の今昔ということで・・・


私が、高校三年生の頃は、「大学入学者選抜大学入試センター」
と言う名前はありませんでした。

「大学入学者選抜共通第1次学力試験」と言う名前でした。
皆さんご存知かとは思いますが、当時は、国公立受験者のみが受験する、
1次試験と2次試験(通称個別試験)のうちの1次試験だったんですね!

私が、共通1次を受けた日は、1月25日(土)と26日(日)でした。
土日の二日間と言うのは今と変わらないのですが、時間割がかなり違います。
こんな感じです。


土曜日
 国語:13:00~14:40
 理科:15:30~16:30

日曜日
 数学:10:00~11:40
 外国語:13:00~14:40
 社会:15:30~16:30



…なんですね!
違う点分かりましたか?


まず、今は、初日は「公民」「地歴」「国語」「外国語」で、
二日目が「理科①」「数学①」「数学②」「理科②」「理科③」ですよね!
当時に比べたら、何だか違う国の言葉のようです。

あと、国語と英語がそれぞれ、100分だったんですね!
なんと、今より20分も長い!!
スピード化社会の影響でしょうか?
数学は「数学ⅠA」「数学ⅡB」というカテゴリーで分かれてなく
あたかも頑固オヤジのごとく『数学』のひとことで片付けられてました。
今のⅠAⅡBの範囲を合わせて、イッキに100分でした。
当時の文部省(現文部科学省)には、
かなりの100分マニアがいたに違いありません。

最後に受験者数ですが、約60万人でした。
これは、現在の受験者数と比較して、
大差ないと思うかもしれませんが、
先にも説明したとおり、当時の共通1次は
国公立受験者のみしか受験しなかった
ので、
私立専願者もセンター利用入試で受験する現在とでは、
比較にならない
のがわかりますね!
嗚呼恐るべし少子化問題!!


今も昔も、日本の一般入試が難しいことには変わりがないので、
皆さん、自分を磨く良い機会です。切磋琢磨しましょう!!!




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 大学入試センター試験 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1256-b81fb478

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。