爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「緊張についての事前準備」 ブログネーム.山椒のひとり言

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


誰もが「緊張」した経験があると思います。
その「緊張」について事前に準備することがわかれば
備えることができますね☆

【第1249回】

山椒のひとり言のプロフィール


みなさん、明けましておめでとうございます!

もうすぐ本番の舞台に立つみなさんの中には、
ここぞという時に緊張してしまう!という人もいるかと思います。
せっかく長い間頑張って準備してきたものを、
その日の緊張で台無しにしてしまってはもったいないですよね。

私は長い間楽器をやっていました。
その時にあるプロのミュージシャンから教わったことを、
書きたいと思います。よかったら参考にしてみてください。

どんなに百戦錬磨のプロミュージシャンでも、
ここぞというときには緊張する
んですって!へぇ~。
じゃあ、なぜそれでも失敗しないのか?
それは、彼らはちゃんと策を知っているからなんです。

策は大きく分けると2つあります。
1つは、「緊張しないための事前準備」
もう1つは、「緊張してしまったときのための事前準備」です。

①緊張しないための事前準備


これは、もう簡単です。
楽器で言えば「練習」、受験で言えば、「勉強」です。
そもそも、緊張というのは、多くの場合は

「失敗するかもしれない」

という不安から来るものです。そしてその不安は、

「これから立ち向かうものに
自分の実力が達していないのではないか」


という気持ちから来ます。
それは、自分のやってきた勉強(練習)が足りていない
という気持ちが心のどこかにあるから
なんです。

心の底から、「やるべきことは全てやった!」
という自信が持てるように、あと少しですが、励んでくださいね。


②緊張してしまったときのための事前準備

そうはいっても、本番になったらドキドキして、
頭が真っ白になって・・・という人もいるかと思います。
手のひらに「人」という字を3回書いて・・・というのはもう古いですよね。

なので、もう少し実践的なものを。
緊張すると、焦って、がむしゃらにやり抜こう
としてしまうことがあると思います。
そうすると、変に集中しすぎてしまって、気付いたら時間切れ・・・
なんてこともあるかもしれません。

そうならないために、「冷静になるポイント」
を定期的に作るという手があります。

例えば、試験が始まって問題用紙を開いたらすぐに、
各大問の始まりのところとか、苦手なタイプの問題のところに
「落ち着く!」と書いてみてください。
バカらしいと思うかもしれませんが、意外に落ち着きますよ。
むしろ、「何書いてんだ自分(笑)」ってリラックスしちゃうくらい。

模試を何回受けても、やっぱり本番というのは、
独特の雰囲気があって緊張しちゃうものだと思います。
バカらしいと思うかもしれないですが、
普通じゃない精神状態のときに効くのは、
こういうシンプルなものなんです。
(プロミュージシャンでも、譜面の大事な箇所の前には、
自分を落ち着かせる言葉を書くそうですよ!)


とはいえ、一番効くのは、
緊張しないための準備=勉強です。
残りの期間で、曇りのない自信をつけて、本番に臨みましょう!
それでもし緊張しちゃったときは、このブログのことを
少しだけ思い出してみてくださいね。

それでは、みなさんの健闘を祈っています!!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1249-33e0c79a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。