爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『神様はあなたの心の中に・・・』 ブログネーム.博多っ子純情

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


皆さんは、神様の存在を信じますか?
「信じるものは救われる」ですよ☆

【第1238回】

博多っ子純情のプロフィール


Y 

 今日は12月25日、イエス・キリストの生誕日です。
 クリスマスケーキにチキンにプレゼント・・・とはしゃぎたいところでしょうが、3年生の皆さん、今年はガマンガマン。来年また盛り上がってくださいね。大学生になると新しい仲間も増えて、もっともっと楽しいクリスマスを迎えられると思います。

 さて、クリスマスが終わると、♪もうい~くつ寝るとぉ~お正月~♪がやって来ます。
 お正月に行くところと言えば“神社”ですよね。初詣(はつもうで)に家族揃って出かける人も多いと思います。私の家では“三社参り”と言って三つの神社にお参りするのが決まりでした。子供でしたから何で?とかあまり考えずに、そのあとに行く中華料理に目がくらんで、黙ってついて行った記憶があります。

※“三社参り”は主に福岡県を中心に九州・中国・近畿地方に根付いた風習で、起源は諸説あって定かではないそうです。

 福岡には“受験の神様”と呼ばれる≪太宰府天満宮≫があります。お正月の三が日はもうすごい人・人・人で車は大渋滞、道は人があふれ、それはもうたいへんな人出です。
 ですから私はここだけは例年1月3日の夜、少しは人が減った頃に合格祈願に行きます。

※太宰府天満宮に祀られている「菅原道真(すがわらみちざね)公」のご命日が2月25日だという事を、今年初めて知りました。国立2次試験(前期)の日が命日だなんて、正直ビックリでした。さすが“受験の神様!”ですね。


 皆さんはお正月や願い事があると神社にお参りしますか?
 それはなぜでしょう? 神様が守ってくれるとか、望みを叶えてくれるとか・・・。
 洋の東西を問わず、神様はたくさんいらっしゃいますよね。西洋の神話や日本の昔話にもたくさん登場されます。出雲大社(島根県)には日本中の神様が10月に大集合されるので、昔は10月のことを“神無月(かんなづき)”と呼んでいました。全国各地の神様が留守で神様がいない月ということです。逆に出雲地方では“神在月(かみありづき)”と呼んでいたそうです。何のための集合かというと、“縁結び”の全国会議だと言われています。面白いですね。

   ※出雲大社は大黒様を祀ってある神社です。“縁結びの神様”として有名です。
   ※神無月というのは当て字という説もあります。


 話がそれましたが、神様に願い事をすると叶えられる確率が上がります
 なぜでしょうね?
 私は神社や仏壇や神棚を拝む、または祈願する行為は一種の決意表明だと考えています。
 合格祈願にお参りするのも、交通安全や安産の祈願をするのも同じで、神様に向かって手を合わせてお祈りすることは、本当は自分の心に誓っているのだと思います。
 わざわざ神社まで足を運んで、神聖な空気の神殿に身を置き、祈願すること自体その人の決意の表れです。そこまでして祈願するくらい真剣に考えているということが大切で、実は自分自身の決心を確かめているのではないでしょうか。ですから、神様に祈っているようで、実は自分自身に誓っているのです。自分の決心を確認しているのです。ということは“神様”自分の心の中にもいらっしゃるということです。よく「神様は見ているよ」とか「神様にはウソをつけないよ」とか言いますが、それもそのはずです。“神様”“自分”だからウソをつけませんし、自分がやったことはいいことも悪いことも、自分が一番よく知っています。ですから苦しいときの神頼みであっても、
決心さえできていれば、当然行動が変わりますから、結果も変わる。
つまり願い事が叶う確率が上がる。

というわけです。


 宗教的なことは別にして、私たちは自分の心の中に“神様”を持っていると思います。自分の心と真っ直ぐに向き合うことが“神様”と向き合うこと、その儀式として神社にお参りするのではないでしょうか。毎朝仏壇に手を合わせている人も、毎日自分と向き合っているし、毎週教会に礼拝に行く人も、毎週自分と向き合っています。そして願い事だけではなく、ご先祖様や主イエス・キリストに感謝をしています。

 しっかり自分の心と向き合う人は、物事を真剣に考え一所懸命に日々を送っていると思います。仏壇や教会でなくとも一日に一回は自分と正直に向き合う時間を持つだけで、今日頑張ることが明確になり、頑張って結果が出るとお世話になった人や物に感謝の心が生まれます。うまくいかないことでも反省し、改め、さらに努力を重ねていけば必ず報われます。そんな自分と向き合う時間を大切にしてください。朝起きたときでも、夜寝るときでもいいです。お風呂の中やトイレの中でもいいです。
 あなたの心の鏡が、あなたの本心や善悪を映し出してくれます
 そういえば神社の神殿によくある大きな鏡、あれはあなた自身を映すためのものかもしれません。

 新年を迎えるに当たって、自分の決心を宣言するための“初詣”“初日の出”を拝むことは、とても意義あることです。3年生の皆さんは、決意を新たにしてきてください。
 1・2年生の皆さんは自分の目標や決心を宣言してきてください。
 きっといい年になりますよ! いや、いい年に必ずしましょう!
 そして願いが叶ったら、神様だけでなく、あなたを支えてくれたご両親、友達、先生方、全ての人に感謝の気持ちを伝えましょう!

 あなたの幸せが、きっとみんなの幸せになりますよ!!





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1238-1d666534

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。