爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「クリスマスで勉強しちゃおう!」 ブログネーム.ピーナッツ畑でつかまえて

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


クリスマスで勉強とは、
なんだか楽しそうでワクワクしてきますね☆

【第1222回】

ピーナッツ畑でつかまえてのプロフィール


さていよいよ12月。世の中はクリスマス一色なのに、自分は受験でそれどこじゃない・・・という人のために、今回はクリスマスで勉強しちゃおう!という企画第一弾!「クリスマスソングの中の英文法」です。って誰か第2弾を引き継いでくれないかなあ?

まずは “ I saw mommy kissing Santa Claus “(全文はhttp://www.41051.com/xmaslyrics/isawmommy.html)。マイケル・ジャクソンのいたジャクソン5が有名な歌ですね。ここで取り上げたいのが、もろタイトルになっている I saw mommy kissing Santa Clausで知覚動詞+目的語+現在分詞の構文。(目的語)が(現在分詞)しているのを見た・聞いた・・・という構文ですね。ここでは「ママがサンタにキスしているのを見た」という訳になります。この知覚動詞+目的語のあとは①動詞の原形 ②現在分詞 ③過去分詞の3種類が入る場合があります。(目的語)が①する ②している ③された のどれに当てはまるのかを考えて、動詞の形を決めましょう。これは入試でも頻出問題です。

次は “ Santa claus is comin to town ”(全文はhttp://www.lyricsfreak.com/j/jackson+5/santa+claus+is+coming+to+town_20068485.html)。日本語の歌にもなっている、クリスマスソングの代表的な歌で、いろいろな人が歌ってます。ここでは最初のブロックを取り上げてみましょう。

You’d better watch out
You’d better not cry
You’d better not pout
I’m telling you why

歌の歌詞なので、ちょっと短縮されてますが、had betterが使われています。意味は「~したほうが良い」。否定形はhad better notで「~しないほうがいい」。この曲では両方使われているので、セットで覚えましょう。ちなみにタイトルのSanta claus is comin to town の is coming ですけど、go や come は進行形の形で未来・意志を表現するんでしたよね?さらにこの曲では

He sees you when you’re sleeping
He knows when you’re awake
He knows if you’ve been bad or good
So be good for goodness sake
といった間接疑問文も使われているので、チェックしておきましょう。主語+動詞のあとに〔疑問詞+主語+動詞〕の形で、この部分全体が目的語に成りすます。「サンタはあなたがいつ寝ているのかということを見ているよ。あなたがいつ起きたかということを知っているよ。あなたがいい子でいたか、悪い子だったかということを知っているよ」という訳になります。

最後は、“The Christmas Song”。(全文はhttp://www.carols.org.uk/the_christmas_song_chestnuts_roasting.htm)タイトルを見ただけはピンとこないかもしれないけど、多分どっかで聞いたことがあるはず。しっとりとした大人のクリスマスソングです。ここで取り上げたいのが、最後の部分。

And so I'm offering this simple phrase,
To kids from one to ninety-two,
Although its been said many times, many ways,
A very Merry Christmas to you

It has been saidは現在完了と受身のあわせ技ですね。ずっと言われていると訳します。「何回も、そしていろいろな方法でずっと言われれていることなんだけどね・・・あなたにメリークリスマス」って感じかな?

もっといろいろ取り上げようと思ってたんだけど、ちょっと長くなってしまったので今回はここでおしまい。いろいろな曲の中に、いろいろな英文法が隠れているので、一度探してみるとおもしろいですよ。最後に英文法ではないけど、僕の好きなフレーズを・・・

いつか、みんなの夢がかなうときがきっと来る
いつか、みんなが自由になれる世界がきっと来る。
僕や君には間に合わないかもしれないけれど
いつかきっとクリスマスには・・・
"Someday At Christmas" by STEVIE WONDER
(全文はhttp://www.azlyrics.com/lyrics/steviewonder/somedayatchristmas.html







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1222-3dac0e6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。