爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

《学ぶ楽しさ》 第7話 ブログネーム.岡山桃っ子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


管理人にとっても人生の先輩である岡山桃っ子さん。
いろいろな事に興味を持ち、チャレンジする姿勢に学ぶべきことが沢山あります。
今回のブログでも、いろいろとチャレンジしている中の1つを発見しました。。。

【第1204回】

岡山桃っ子のプロフィール


 今回のテーマは、受験に関係ない教科と如何にお付き合いするかということです。確かに、受験生の皆さんにとって、受験に関係のない教科って、気が進まないですよね。時にはその授業の時、先生に隠れて受験に関係のある教科を勉強してたりしてネ。


 では、ちょっと視点を変えて、もしも、受験に関係のある教科だけ勉強していればよいとなった場合を考えてみませう。(←またまた旧仮名遣い)

 極端な話が、私大で1~2教科しか要らないとして、例えば英語と国語さえやっておけばよいとしましょうか。それって、楽でいいですよね。

 でも、チョット待ってください。もしも、英語と国語しか勉強しなくて、大学に受かったとして、大学に入ったら、1、2年で一般教養科目を履修しなくてはなりませんね。その時困るのは皆さんなのであります。

 高校では、日本人として生きていく為に必要な科目を文部科学省がちゃんと考えて決めているのです。いいですか?高校は予備校とは違うのですよ。受験に必要かどうかではなく、日本人として必要かどうかを基準にして決められているのです。


 ですから、ここはちょいと気持ちを大きくして、「この教科が日本人として必要なんだ」と思ってみませう。必要でないことはわざわざ学校で教えたりしませんよ。そこまで文部科学省の人間はアホではありませんゾ。


 いくらつまらないと思っても、「必要だから習うんだ」と割り切るのです。それでね、今すぐは役に立たないと思われるかもしれないけれど、実は、役に立つこともあるんですよね。

 え?それがいつかって?



 それは勿論未定です。何年後かもしれないし、何十年後かもしれません。そんな気の長い話は御免だと思うかもしれません。でも、実際50ウン年生きてきた私が最近時々感じることがありまして…。

 「人生には無駄はない」

ということであります。

 高校で習った内容はとっくの昔に学校へ返品(!?)したのは事実ですが、断片的に印象に残っている部分もありましてね。それが、全く関係のない場面で時折思い出されるんですよね。

 で、ハタと気が付いたりするんですよね。今何気なくこれをやっているけれど、確か昔ああいうことをやっていたなぁ。あれっ?これってあの時のことが生かされてるかも?みたいな場面が出てくるんですよね。

 どの部分が誰のどういう時に役立つかが今はわからないから、一応一通りのことは学校で教えるんですよね。で、人それぞれに「お楽しみ」をお預けしているんですよ。

 だからね、皆さんは、こういうふうに考えたらどうでしょう。「このつまらん授業が果たしていつ役に立つんだろうな」ってね。


 私が思い出す限りでは、例えば地学や物理は受験には関係がありませんでしたが、数年前から所属している放送大学で宇宙に関する科目を履修した時、

「そういえば高校で習ったなぁ。でも忘れてしまった」

という経験があります。

 しかし、たとえ忘れたにしても、習っていたということは記憶しております。全く習ったことがないのと比べると少しは救いようがあるような気がします。忘れたらまたやり直せばいいのです。


 次回はその「やり直す」ということについてお話しますね♪





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 《学ぶ楽しさ》 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1204-2ed36fea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。