爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「数学の勉強法講座-第6回-」 ブログネーム.水戸のご老公

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



数学の解法講座は今回で最終回とのことですが、
後々に番外編もあるかもしれないとご老公さんが言われておりました!
次回作も期待しております!!!

【第1198回】

水戸のご老公のプロフィール


数学の系統別学習法は、今回が最終回!
最後は④特殊系統の学習法についてです(・∀・)ノ

この系統に含まれる単元は下記の4分野です。

数A:平面図形
数Ⅱ:指数・対数関数
数B:ベクトル
数C:行列


それまでに学んできたことが意味を成さない、
特殊な知識を要求される分野です。
見慣れない定理や公式が登場し、
高校生諸君の数学嫌悪を助長することもしばしば。

しかし、小生はこれらの分野が大好きなんですね。
何と言うか、好奇心をかきたてられると言うか、
「へぇ~!こんなのもあるんだ!」って感じで、
ワクワクしちゃいます♡

「ブロック崩し」しかやったことのない子供に、
「ゼビウス」を与えたらどうなるか?
「スーパーマリオ」を与えたら?
「ドラクエ」ならどうか?
「ストⅡ」なら?
「BEMANI」は?
「ウイイレ」は?
・・・

そんなの、ワクワクするに決まってるじゃないですか!?
そりゃ、すぐにできる訳がありません。
でも、やりたいに決まってます!

だから、この系統の勉強も、
新発売のゲームだと思って(?)、
頑張って下さい(???)


【勉強の手順】


Ⅰ.新しい用語の定義を覚える
  ↓
Ⅱ.用語ごとに簡単な練習問題を解く
  ↓
Ⅲ.定理が出てきたら
例題などを解いて覚える

  ↓
Ⅳ.ひと通り学習したら
いろいろな問題を解いてみる



【解説】

.まずは出てきた新しい用語を教科書などでよく覚える。例えばベクトルなら、ベクトル、ベクトルの大きさ、内積など、どの単元にも新しい用語がいっぱい出てくるので、その定義を覚える。新しいゲームのルールを覚えるのと同じ!(?)

.新しく出てきた用語ごとに、それを使う簡単な練習問題を解く。例えば「ベクトルの大きさ」の定義を覚えたら、ベクトルの大きさを求める簡単な問題を解く。

.進んでいくにつれて、大切な定理が出てくるので、これも例題などを解いて覚える。定理や公式だけ覚えても意味がないので、問題の中で使い方を覚える。

.最後は問題集などでいろいろな問題を解いてみる。



この系統の勉強に必要なのは、「計算力」
「常識にとらわれない力」です。

「常識に疎いけど、非常識さなら自信ある!」
なんて生徒もいるんじゃないですか?( ̄―+ ̄)
あと、オタ・・・、マニ・・・、じゃなくて・・・、
えーー・・・、個性豊かな生徒たち!!
君たちにこそ向いている!!
そう、小生は思います(`・ω・´)b

センター試験まで、あと2ヶ月!!
自分を信じて、やり抜いて下さい!!

がんばれ!!
フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸-゚)尸_フレー






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1198-0b1aed40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。