爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「食育②」 ブログネーム.ぎおんだいこ♡

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


この時期は受験に関する情報で、
受験生の皆さんに役立つ情報をお届けしたいと思いますが、
私の視点は、どーしても「食」に走っちゃうんですよね・・・
なので、先月に引き続き「食育」のお話でございます~
(by-ぎおんだいこ♡)

【第1191回】

ぎおんだいこ♡のプロフィール


 前回のブログでは青魚を食え、大豆を食えと長々と説明いたしました・・・ご興味のある方は10/9のブログをご覧くださいませm(‐‐)m

 今回は「脳」「食」の密接な関係についてお届けします。

 私が思う「頭がよい」人というのは、頭の回転が速く、状況に応じて考える柔軟性があり、先を読んで行動する人だと思います。だとしたら、才能や先天性ではないから、意識して訓練すれば誰だってできるようになるってことですよね。

「そんなこといったって無理だよぅ」

と言わないでくださいね。「脳」にエネルギーを与えて、毎日意識していけば、昨日より今日、今日より明日と頭がよくなるんですって。

 ほら、いま・・・


「どうやったら頭がよくなるんだろう?」

って考えてること自体が頭をよくしているんです。勉強の偏差値を上げるには勉強をする、勉強をするためには脳を働かせる、脳を働かせるためには何をすればよいのか、どのような考え方をすればよいのか、を考えることが頭をよくする秘訣なんですね~


 では、脳を働かせるためのエネルギーの補給方法とは?

 私たちの脳の神経細胞は、1日平均10万個のペースで死滅していきます。((°Д°;))これを補うには脳の原料であるたんぱく質や炭水化物が必要です。良質のたんぱく源である大豆食品は、その意味でも脳の老化予防に非常に重要な食品だといえます。

 毎日、ご飯かパン、納豆や豆腐、豆類はしっかり摂取しましょう。


 そして脳を働かせる考え方をするには、プラスないい気分でいることですよね。私たちの気分を調節している物質があるんです。それはセロトニンという物質で、アミノ酸から生成されますが、そのときに炭水化物が必要になります。

 ストレスがたまったら主食となるご飯やパンをしっかり食べましょう。よくダイエット中だから炭水化物は取らないという女性が怒りっぽっかったりとか、事件などで切れやすい若者がピックアップされてますが、セロトニン不足によりイライラ感がつのることが原因です。セロトニンを生成するアミノ酸を取るためにも、甘いものではなく、主食の炭水化物から摂取しましょう。

 また炭水化物は脳のエネルギー源のブドウ糖に変わります。しかし、脳はブドウ糖を蓄積できないのでどんどんなくなります。1日3食こまめにとりましょう。過剰に摂取しなければ太りません。

 ということは、私のこのむだ肉は過剰摂取・・・(T_T)とりすぎに注意!!!


 次回はDHA(さかなくんも大喜び)についてお届けします。

 このブログを読んだあなた、今から早速お母さんに大豆料理と魚料理を毎日食べたいとお願いしよう!

 そして大事なのは、自分で考えて行動し、成績が上がって、

「やればできた」

と目標達成の喜びを知り、さらに考え、さらなる努力をし、1ランク上の目標を達成する・・・この幸福の連鎖を1人でも多く身に付けることを願う。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 食育 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1191-1400a2af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。