爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「失敗学」 ブログネーム.かねなし和也

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


人は、失敗から多くのことを学びます。
失敗が多い人程、可能性も多くあるかもしれませんね☆

【第1187回】

かねなし和也のプロフィール



皆さんは、畑村洋太郎さんて、ご存知でしょうか?

105日の夜中に、NHKの番組で、「課外授業 ようこそ先輩」という卒業生が、自分の母校に行き授業をするという番組が放送されました。

 
その母校は、国立お茶の水女子大学附属小学校、幼稚園から大学まであるんですが、女子とは異なり男子は高等学校での受け入れがなく、受験しないといけないという不思議な小学校です。

 
番組では、そこに通っている小学生に、いろいろと失敗していやな思いをしたことを一人一人発表してもらい、その後は、グループになり、そのときの場面を再現する。そして、最後に、畑村さんが講評するといった流れでした。


 
「失敗の原因は無知、不注意、誤判断といった個人のミスとされやすいが、実はその裏に組織運営の問題が隠れていることが多い」と畑村さんは言っています。

 
また、「経済性を重視しすぎて安全性が置き去りにされたり、個人に負担をかけすぎることで失敗を引き起こしがちな組織になっていないか。特に成熟した組織には、各部署の担当分野の間に「隙間」が生まれ、そこに失敗が生じやすくなっている。

 
失敗を防ぐ決め手とは何か。それは・・・



経験を積み重ね、失敗の芽を見抜く「真のベテラン」の存在だ」と畑村さんは言っています。しかしマニュアル化が進む中、「真のベテラン」は育ちにくくなっています。

 
注意をしていても失敗は起きる。そのときにどう対処するかが組織のリーダーの最重要な仕事であり、その後の成り行きに大きく影響します。「もしも失敗が起きたら・・・」という仮想演習が、リーダーには欠かせません。

 
ただ、昔から、日本人には失敗から学ぶ姿勢がないと言われています。戦国時代には、恥のためには割腹する武士もおり、「虜囚の辱しめを受けるより、自殺せよ」と言うことで、民間人にも青酸カリが渡されていたそうです。


 
 恥を隠す、恥から逃れる、恥を他人に着せる、恥と言うアナログ感覚を刑罰と言うデジタル処理によって精算、水に流す……これが「日本の失敗を繰り返す本質」ではないでしょうか……失敗を恥として受けとめる、日本人は世界にも珍しい心理構造を持った民族であったようです。

 
 何度も失敗を繰り返す日本人の根っこにあるもの、失敗を隠すのは日本人の特性でしょうか?これは日本文化の中で育まれてきた「恥をかかぬ」価値観からきていると思われます。その上、権威者は神に次ぐ存在で、決して間違いは犯さぬものとして、自他ともに暗黙了解していたようです。

 
 かつて生じた、水俣病・エイズ・医療ミス・マッハの恐怖・オウム事件・JCO等、数々の事件・失敗について、我国の失敗に対する調査は再発防止よりも、犯人検挙、裁判で一件落着のケースが主流であり、これでは何時まで経っても、失敗の繰り返しが止まず、どうしょうもないですよね。

 
犯人捜し、刑罰、一件落着システムは「権力の行政システム」であり、自らの体制を崩すものは、罰を与えなくてはの発想で、昔の王様の発想の延長です。

 
ですから、これは民主主義とは本来あいいれないものです。事件や事故には原因が必ずあり、その原因には原因を産んだ背景があります。背景とはその国の行政であり組織運営のまずさでありますから、背景を追求することは自らの体制の欠陥・欠点を暴くことになり具合が悪いんです。

 
 そこで、知らず知らずの現状肯定の国民の合意が作られ、それも親子代々の間で
暗黙了解の形での不合理な納得の合意が心の奥底に潜んでいます。
「しかたがない」「長いものには巻かれろ」みたいに

 
 この『しかたがなかったんだ』が解明されて日本国民がそれを理解して「そうだったのか。それでは今日から生き方、考え方を改めよう」自覚することが再発防止の必須の条件です。

 
 ただ、そうはわかってはいても、できなかった理由は、『貧困』にあったんだと思います。貧困からの脱却には多少の犠牲は仕方がない、命の値段も安いのだから人一人死んでもどうってことはない、災害再発防止、それどころじゃない明日の食料をどうするんだ、という時代が長く続きました。

 
 世界の先進国が18~20世紀初頭までやってきたのが、自国の『貧困からの脱却』でした。その為には戦争も大量殺戮もゆるされる。それどころか『自国の貧困からの脱却こそ正義なのだ』という偏った正義感の世紀が20世紀でした。考えれば欧米の東洋侵略とその後の搾取は、人道主義の目から見れば、キリストの愛や釈迦の布施のこころから見れば、極道の道であったといえます。ところが、被害者である東洋人も日本人もこの件については黙っています。

 
他の例として、ゼロ戦があります。実は、日本の戦闘機には安全哲学がなかったんです。

 
攻撃は最大の防御で、軽量・小回りのきく飛行機にするためには、座席背後の防弾鉄板も必要なく、ガソリンタンクも一発で穴のあくものでした。それに対して米国はこれらを備え、2千馬力のエンジンを積載した戦闘機も開発していました。

 
当時の日本には、記載されているように、2千馬力のエンジンがなく、また、あったとしても、2千馬力の戦闘機1台よりも、千馬力の戦闘機2機を製作したほうが戦闘力がいいと考えていました。
 
 ただ、哲学はあったんです。それは貧者の哲学でありそれなりにその状況下、条件下では誤りではなかったんです。この辺が明確に理解されてないと空論になってしまいます。

 
 繰り返しますが、20世紀の日本は飢餓と貧困からの脱出の時代でした。21世紀になって漸く『安全と安心』の時代に移りつつあるところです。しかし、まだまだ貧者の発想から抜け切れず、権威に対する発言は少数の人しかおりません。

 
 人災による事故・災害は人間の特性、人類の共通弱点として国内国外の事故情報を集めて事故防止技術を確立しなくてはなりません。貧者の発想「しかたがない」を離れて権威との闘いが当分の間必要でしょう。

 
話はもどって、畑村さんは、お茶の水女子大学附属小学校出身らしく、最終学歴は東京大学大学院修士課程から日立製作所(日本で博士が一番多い会社、大学を出てすぐ私も就職した会社です)に行き、現在は工学院大学教授、畑村創造工学研究所を開設したり、面白いのは、数ある学会の中で、NPO法人失敗学会を設立したことでしょう。

 
専門は、ナノ・マイクロ加工で、ミクロの世界での紙飛行機や建物をも作れるような技術開発を行なってきました。宇宙や医療の中でもいかされているみたいです。失敗学会は、失敗学の研究、交流のため東京都で設立された特定非営利活動法人で、社会、企業、個人に損失を与える失敗、事故、災害の原因究明や、未然に防ぐ方策の開発、意識革新や教育、出版物の販売を行っているそうです。

 
失敗学とは、起こってしまった失敗に対し、責任追及のみに終始せず、(物理的・個人的な)直接原因と(背景的・組織的な)根幹原因を究明する学問とあります。

 
その上で、その失敗に学び、同じ過ちを繰り返さないようにするにはどうすればいいか、さらにこうして得られた知識を社会に広め、他でも似たような失敗を起こさないように考える活動らしいです。

 
以下の3点が失敗学の核となるそうです。

 
①原因究明
②失敗防止
③知識配布

 
また、失敗の種類としては、

 
1.織り込み済みの失敗。ある程度の損害やデメリットは承知の上での失敗。
2.結果としての失敗。果敢なトライアルの結果としての失敗。
3.回避可能であった失敗。ヒューマンエラーによる失敗。
 
があります。

 
 12は、失敗は成功の元となり得る失敗。状況、結果などがある程度予測できたり、経験からくる的確な判断で対処できる。

 
 3は、失敗から更なる悪循環が生まれる失敗。予想しておけば回避可能であったにもかかわらず、予想をしていなかったためにパニックに陥り、ますます、状況を悪くしてしまう。

 
人間は、間違ったり、失敗をする生き物ですが、失敗することを恥じるのではなく、失敗することにより、その失敗に学び、同じ過ちを繰り返さないようにするにはどうすればいいかを考える事が大事だと思います。

 
そうすることにより、より人の立場になって物事を考えられる、人に対して優しくなれるんだと思います。

 
以前、チューターで教えていた千葉大学4年のDC卒業生が、8月に東大と千葉大の大学院に合格したんですが、10社受けた会社は全部不採用だったんです。

 
やはり、人間、成功と失敗は表裏一体だなと感じた一件でした。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1187-a75d61fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。