爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ジム」 ブログネーム.暴れん坊天竜☆

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


暴れん坊天竜☆さんが
「筋肉美」を手に入れる日は近い!?

【第1186回】

暴れん坊天竜☆のプロフィール


 今回は、筋肉について語っていきます。

 皆さん、「筋肉」と聞いて何をイメージしますか?中山きんにくん?それとも、筋肉ムキムキのボディービルダーの姿?(というか、もともと筋肉に関心のある人は少ない気が…。)筋肉は皆さんの体に必ずあります。そして、筋肉は健康やダイエットを考える上で重要な要素になります。だから、皆さんには関心があるはず!というのも最近、僕はスポーツジムに通い始めたので関心が非常に高くなっています。ということで「筋肉」をテーマにしました。


 初めての経験で、ジムがどんな所なのかいろいろ想像していました。筋肉ムキムキの人がたくさんいて、鏡の前でポーズをとっている人が一杯いるのではないかなと正直思っていたんですが、実際通ってみるといろんな人がいましたね。おじいちゃんや僕みたいなガリガリの人もいて、あと若い女性もいました。もちろん筋肉ムキムキの人もいました。老若男女という感じですね。イメージと違っていたので、みなさんはどういう目的で通っているのかをジムのスタッフの方に話を聞くと、ダイエット目的で通っている人が多いらしいです。


 僕は「とりがら」のような体なので、ボディービルダーのような体になったらいいなあと思いつつ、筋肉について予習をしてみました。


 まずはウエイトトレーニングについて調べてみました。筋力やパワー、筋持久力などの向上させ筋力増強が目的。バーベルやダンベル、油圧、空気圧などのブレーキ抵抗を使い負荷を筋肉にかけるトレーニングをウェイト・トレーニングと呼び、負荷強度は最大筋力の60~80%、反復回数は8~10回を1セットとして3セット、週頻度は1週間に2~3回の頻度で行うのが一般的みたいです。


 次にボディービルについて調べてみました。ボディー・ビルディングの略。筋肉を鍛えるという部分ではウェイト・トレーニングと同じ。競技としてのボディービルは、鍛えあげた筋肉をことさらに強調し、肉体をたくましく、美しくみせること、あるいはそのための鍛錬のことを指すそうです。まず、ボディービルダーのような身体になるには綿密なトレーニング計画と計算された食事、そして自己抑制などを行わなければなりません。あの肉体を得るには精神的な強靭さが必要とされます。

 そしてボディービルダーはF1レーサーと同じだそうです。F1レーサーは時速300kmのスピードでコーナーに入り、壁にあと5cm近づけばコンマ数秒縮めることができると考えて、実践しているそうです。一寸先は闇。常に死と向き合いながらの世界に身を置いているそうです。ただ、命がけのF1レーサーのおかげでシートベルトエアバックABSなどが開発されました。それが、一般の車に使われるようになり私たちの安全性が高まりました。

 ボディービルも同じく厳しいトレーニング食事制限自己抑制により、トレーニング法が確立され、スポーツトレーニングや脳卒中の後遺症の回復などに貢献しているようです。そして、更にボディービルの筋肉を残して脂肪を落とすダイエット法は一般の人にとっても理想的なダイエット法として有効だそうです。


 まぁいろいろと予習をしてみましたけど、自分がどのようにトレーニングを積んでいけばいいのかはさっぱりでした。ジムのトレーナーの人に相談して、話を聞いてみたら、自分がどのようにトレーニングをすれば良いのかがよくわかりました。どれくらいの負荷で何回やればいいとか、休憩はどれくらいとればいいとか、食事はどういうものを摂ったらいいかなどなど。あとプールはダイエットに向かないということも聞きました。


 僕はこの経験を通して、何かをやるときにはその道に詳しい人に相談するのが一番いいと改めて思いました。「大工のことは大工に聞け」ですね。

 高校生の皆さんは、これから大学受験をする際、見知らぬ土地へ行くこともあるでしょう。そのときに、道に迷ってしまったら、気軽に道を聞くようにしましょう。駅で、どの電車に乗ればいいのかわからなければ駅員さんに聞けばいいのです。これで受験での不安が少しでも減ればいいなと思います。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1186-dc30ae86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。