爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「3年生の悩みは整理をしないのが原因」 ブログネーム.三ツ星

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


頭も心もすっきりと整理しちゃいましょう!!!

【第1181回】

三ツ星のプロフィール



この時期になると、3年生がテンパっている。



それまで順調だった生徒ですら、人の落ちたホラ穴を覗き込んだような顔をしている。



ユウイチが前の晩に面談の予約を入れてきたとき、やはりしっぽが垂れたノラ犬のような自信なさげな様子だった。





「ま、あったかい茶でも飲めや」

「あ、うぃす」



部活を引退してから、ユウイチはひたすらやり続けた。最初は遅れを取り戻すことだけに集中していた。それも一段落したのがこの秋だった。



「ぜんぜん伸びなくて…あと、志望校のランクも落とそうかと思ってます。あと…」

「まあ待て待て待てって。ひとつずつ順番に聞かせてよ」



僕は紙を取り出して、メモの準備をした。



「まずさ、どこを志望してるんだっけ?」

「早稲田です」



僕ら受験屋の感覚だと、志望校の定義というのはちょっと細かい。①大学、②学部、③学科、④受験方式、⑤教科科目、の5段階で考えてもらう。



「具体的には?」

「んー、一応早稲田はセンターも一般も受けます」

「どっちを第一志望として対策するんだ?」

「? いや、後はがんばるだけっす」



同じ大学の同じ学部学科を同じ教科で志望していても、一般とセンターでは勉強の仕方がずいぶん異なるわけだ。



「極端な話、私立型で勉強していると、早稲田志望の合格確定者でもセンターはボロッボロになることなんてよくあるんだよ」

「そうなんですか…」

「ユウイチくんの場合はさ、英語の力がつき始めた感じだよね。今ぐらいの状態だとわかると思うんで見比べてみ?」



僕はセンターと、適当な国立(たまたま東大だった)と、早稲田の赤本を棚から出して机に並べた。



ユウイチには各試験の英語長文を見てもらった。



たとえば、センターや国立の英語長文は文法力があるとだいたい読めるのに対し、私立型の長文は単語の意味がわからないとまったく意味が読み取れないことがある。



「そういえばそうですね」

「ユウイチくんの学校だと、この前の中間テストも入試問題が出たりしただろ?」

「はい。数学がそうでした」



その辺りの理解をじっくり観察してから、一番聞きたかったことを口にしてみた。



「で、どっち側の問題の方が相性いいかな?」



ユウイチは考えてなかった、という顔で僕を見た。その一瞬の後、ページが開いたままの赤本を見やった。



「センターとかの方がいいです」

「そうか。それだけでも、ずいぶん判断が変わるじゃないか」



やりやすいところに重点的に力を入れる。これは鉄則だ。



「たとえばさ、僕がこう手のひらでユウイチくんを押すじゃんか。それと同じ力の強さでこのペン先で押されたらどうだい?」

「それは痛いですよ」

「だろ? けど、かける力は変わってないんだよ」

「あ」

「こうやって、身の回りの情報をまず整理しなおすだけでやることも明確になってくるだろ?」



まあ、僕は大人だし、業界も長いわけだ。それなりに似たような情報に接する機会も多い。自然、その情報の意味が他人よりよく見えたりするはずなのだ。



「情報の分析ぐらいならできるけど、そういうのが自分でできるようになるといいよな?」

「はいっ!」

「まあ、まずは迅速なホウレンソウだけ心得てくれれば、こんなおっさんでもちょこっとは役に立つと思うよ」

<おわり>





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1181-7c2d0929

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。