爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『夢』 ブログネーム.ヒグマ大打線

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


どうも~!ヒグマです。
最近テトリスにハマって毎日寝る前にやってます。

おかげで最近寝不足です(笑)

今日は、誰もが持っている『夢』という言葉のお話です。
(by-ヒグマ大打線)

【第1170回】

ヒグマ大打線のプロフィール



今日の主人公は現在名寄市立大学1年生のMさん。

看護婦を目指して頑張っている女性です。

高校時代の部活は、吹奏楽部。

更に1年生からレギュラーに入っていたという
学校生活の忙しい生徒でした。



JPCに入ったのは、高校2年生の夏休み頃です。

ある日僕に連絡をくれたのです。



Mさん:『ヒグマさん!明日お時間を作って下さい。2時間位!』

ヒグマ:『ど、どうしたの?』

Mさん:『どうしても、進路について相談したいのです!』

ヒグマ:『う~ん。明日3時なら開いてるよ?大丈夫?』

Mさん:『わかりました。行きますんで待ってて下さい。』

ヒグマ:『了解。』




その日僕は、約束の10分位前に進路相談場所へ着きました。

しかし、そこには、Mさんが。。。



居ても立ってもいられないのか、既に来ていたのです。



ヒグマ:『早!』

Mさん:『遅れるのが、嫌なので30分前に来ました(笑)』



笑顔でそこにいたMさん。



ヒグマ:『本題に入りましょうか。今日は、どうしたのかな?』

Mさん:『実は、もう一度看護婦目指して頑張りたいと思ったのです。』

ヒグマ:『元々、看護師になりたかったのかな?』

Mさん:『はい。ですが、自分には無理と思って諦めました。』

ヒグマ:『なぜ?』

Mさん:『何ででしょうかね~?』

ヒグマ:『じゃあ、看護師になりたかった理由は?』




諦めた理由は浮かばないようなので、
逆になぜ看護師になりたいのかと僕は続けて聞きました。



ヒグマ:『看護師になりたかったのは、
     10年後に自分がどうなっていたいのか
         を具体的に想像出来たからでは?』

Mさん:『あっ!』

ヒグマ:『「10年後にこういう看護師になって働いていたい!」
         と強い意思を持っていて、
            10年後が見えたからだと思うよ。』
Mさん:『そうですね。小さい頃は、
      ただ漠然と追っかけて居た様な気がします。』

ヒグマ:『うん。うん。』

Mさん:『でも今は、全然違いますね。10年後は、
      誰もが認める最強の看護師になりたいです。』



確かに、夢と言う言葉は誰にでも言えると思います。

「ウルトラマンになりたい!」
「総理大臣になりたい!」
「アイドル歌手になりたい!」


私も含め、どんな大人も一度は大きな夢を描いていたはずです。



しかし、どこかで『諦める』こともします。

それが、人だと思います。

ですが、夢は大きく持ては持つほど
今現在の『志』を大きくしていきます。



その『今の志』が実現出来て初めて
『夢』と言う言葉になっていくのだと思います。



『夢は、叶えるもの! 叶えない夢は、
夢ではなくただの幻や妄想にしか過ぎない。』



僕もまだ『夢』を叶える為に歩いている人間です。

皆さんも一緒に『夢』
を叶える為にまずは一歩から踏み出してみませんか?



幻や妄想ではなく本当に叶える『夢』の為に。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| とある受講生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1167-361505ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。