爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「日本人のノーベル賞受賞!」 ブログネーム.アルタの番人

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


いいニュースを聞くと
パワーが貰えますね☆

【第1163回】

アルタの番人のプロフィール



さて、いよいよ10月になりました。
9月の下旬からはいきなり気温も下がり、めっきり秋らしくなりました。

しかし、こういった気温のときだから気をつけたいのが体調管理。
新宿のチューターも少し風邪っぽいといっていました。
受験生にとってはこの時期に風邪をひくことは大変な痛手です。
体調管理には十分注意してください。


さて、最近は様々なニュースがあります。
経済関係では市場は大荒れ。大恐慌のようになるのでは…?
という懸念も広がっています。これからが見えない不安ですね。

それとは対照的に
いいニュースとしては日本人のノーベル賞受賞でしょうか。

今回ノーベル賞が3人出同時に出ています。
小林誠氏益川敏英氏南部陽一郎氏です。

しかし、いったいどういった内容で受賞したのかさっぱりです。
「小林・益川理論」「対称性の自発的な破れ」
による素粒子物理学への貢献ということですが、
物理学の専門でもないので当たり前といえば当たり前ですが…。
とはいってもしばらくしたら科学雑誌「ニュートン」
で解説されると思うのでそれまでは待っていようと思います。

ノーベル賞受賞者は2002年の
小柴昌俊氏田中耕一氏以来ということになります。
こういったニュースを聞けるのが何よりうれしい今日この頃です。
日本人が世界的な研究の第一線で活躍し、
さらには現代の研究の礎を築いているのかと思うと
少し誇らしげになります。

しかし、こういった賞を取った人に共通して言えるのが、

「ずっと続けていたこと」

であると思います。もちろん理系で研究である以上
一朝一夕で結果が出るものの方が少ないと思います。
(特に最新の研究であればなおさらであるとおもいます。)
ですが、それでも続けること。(しかもそれを楽しみながら…)
これが一番大切なことでしょう。


今回、南部氏の記事の中に

「研究とは汗と不満と甘い夢で成り立っている」

という言葉がありました。

これは少し言葉を変えると受験にも通用しそうです。

「受験勉強とは汗と不安と僅かな希望で成り立っている」

そんな感じがします。

受験まではあとわずか、
周りでは指定校推薦公募制推薦
さらにはAO入試などの結果が出てきて
友達が合格していたりする姿を見ていると
不安が大きくなるでしょう。

ですが、ここが踏ん張りどころ、
勉強で脳が汗をかき、不安に押しつぶされそうでも、
希望を持ち、それを信じて続けてください。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1160-3e96e734

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。