爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「基礎って」 ブログネーム.川崎工業地帯製ロボッツ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



数学の「基礎」は定義にある!!!

【第1104回】

川崎工業地帯製ロボッツのプロフィール



夏休みですね。またブログの順番がまわってきました。
何を伝えようかといつも迷うんですけどね。

目の前の勉強より大事なものはたくさんありますが、
目の前の勉強の中にも大事なものは意外とあります

学校を卒業してから、後になってそれに気づいたりすることもあります。

なので、いま学生の人は受験のためだけではなく、
真剣に向き合ってみるといいことがあるかもしれないものだと思います。



ということで、今回は勉強の話です。


夏は受験の天王山とか言われたりしますが、
ここで基礎の理解をゆるぎないものにしたいですね。

理解というと、理解していなかったために
なかなか問題が解けない。。。ってことありますよね。



ちょっと自分の高校生のときの話をします。


理解しようと思っても、
意味不明で意味不明といったら用語が意味不明なのが、
数学でした。(それはもう日本語が変になるほどに。)

素数、因数分解、方程式、関数、有理数、無理数、
不等式、恒等式、実数、虚数、複素数、三角比、
指数、対数、微分、積分、漸近線、極限、背理法。
etc....


計算はとりあえずできるんだけれど、
なにかピンときていないまま、
ちょっとした応用問題は解けない…という高校生でした。


「不等式」は分かります。等しくないことを表す式ですよね。
だからこれで、どちらが大きいか小さいかが分かる、と。

「恒等式」も分かりました。恒温動物とかいうからね。
いつも体温が同じ動物が恒温動物なんだから、いつも等しくなる式ね。

「実数、虚数」現実にありえる数と、現実にありえない数
(2乗してマイナスになるっていうのがどんだけ?って感じ)。
漢字のイメージからもわかる。

でも

「方程式」とか。これナニ?方向の程度の式????????

「関数」とか。これもナニ?関所の数?????????

「複素数」?素数は知ってるけど、それが複数あるの?
なになに、、、実数と虚数が混ざってるとこう呼ぶの???
有理数と無理数足しても名前つかないのに、
なんでわざわざこんな名前つけるのか不明…

もうね、意味を知らないままだと、
絶対にテストの点数は頭打ちになります。

問題集をいくらやってもなかなか点数が上がりません。

(っていうか、方程式とかって中学の範囲の用語なんですけど。。。
というツッコミはスルーでお願いします。)

でも、ピンと来て、一気に解けるようになったんです。

そのきっかけが、「用語の意味がわかったこと」なんです。

たとえば、

「方程式」。一度和英辞書を見てみたら「equation」と書いてありました。
イクエイション?今度は英和辞書で調べてみると意味は
「同等とみなすこと」ああ、イコールの左と右が「同じなんですよ」
っていう式のことなんだね。恒等式と違うのは、
いつもじゃなくてxがある数のときだけって条件があるから、
名前を分けてるんだね。なんか人間の都合じゃん。まあいいや。
ほうほう。「同じだよ」って言いたいのが第一の意味なのかな。
そういえばスペルの中に「イコール」が入ってる。

「関数」。これも英語の辞書で調べてみました。
なになに?「function」?ふぁんくしょん?意味は「機能、作用、働き」
機能する数?作用する数?働く数?働く数というと、
数がタイムカード押して労働してるイメージがわいた。。。^^;
ああ、f(x)って労働してるんだね。y=2xだったら、xって数を与えると、
2倍にして値をyに返してくれると。そういう仕事だと。
そうすると関数のグラフっていうのは、マイナス方向のずっと左側の方から、
プラス方向のずっと右側の方まで、xをいちいち与えて、
その仕事の結果をyの高さで描いたものなわけね。あーそういうことね。
まずxがあげるもので。その仕事の結果がyなわけね。

余談だけど、英語圏の生徒は「今日はfunction(関数)について授業をします」
と言われたら、速攻で「ふーん、function(働く数)ね」。と思うんでしょうか。。。
少しずるい。。。と思いました。

ちなみに複素数もわかったら楽しくなりました。
これは辞書じゃなくて別のアプローチです。


まあ、上の文を見てもあまり伝わらないかも知れないんですけど、
自分にとっては「おおおお!」と思うくらい
頭の中で何かがつながった感じがしたんですね。



以前の自分は、計算はできるけど意味がわかってなかった

とりあえず計算できるからいいやって、放置してたんですね。

教科書に載っている問題の解答までたどりつけたら、
「基礎おっけー♪」とは言い切れないんじゃないかなと思います。

基礎ってなんなんでしょうね。。。数学に限らず。

冒頭で「基礎を。。。」って書きましたが、
数学だけでなく全ての科目で「基礎」を固めてしまいたいですね!!







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1100-e300033b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。