爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「自信を持つ」 ブログネーム.出世城のみかん娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



今回のこの漫画。管理人も好きな漫画です。
この漫画って、ベストを尽くすことの素晴らしさを
思い出させてくれるような良い漫画ですよね☆

【第1093回】

出世城のみかん娘のプロフィール




みなさん、こんにちは。毎日暑い日が続きますねぇ。日中、外に出るとあまりの暑さに体が溶けてしまうんじゃないかΣ( ̄□ ̄lll)と思ってしまいます。これこそまさに、地球温暖化の威力!!でしょうか(゜▽゜*) 。

 さてみなさん、突然ですが・・・。マンガは好きですよね♡Σ(≧д≦)。今回は、マンガについて書きます。なぜかというと、「ゴッドハンド輝」を誕生日にもらったからですd(・∀・*)♪。今流行り!?の医療マンガで少年マガジンに現在も連載中なので、知っている人もいますよね。良い話が多くて、私は1巻読む間に5~6回泣いてます。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。。だから、なかなか話が進まなくて進まなくて・・・。もう、大変でした。歳をとると、涙腺が弱くなるんですかねぇ(´。` ) =3。

 ・・・(*゚0゚)ハッ、ゴホン。本題を進めましょう。主人公、真東輝の父は天才的な腕を持つ外科医(マンガでは、「ゴッドハンド」と呼ばれます)です。しかし、飛行機事故により父は亡くなり、唯一の生存者となった輝はその時の経験から、医師を志します。

 ヴァルハラ(北欧神話で「神々の居ます処」)と呼ばれるほど、名医を揃えた安田記念病院で勤務する普段の輝はゴッドハンドの息子とはとても思えないドジを連発していますが、患者さんが危機に瀕した緊急時には、奇跡的な救命をします。輝は、「患者の死に立ち会ったことのない医師」(*・∀・)ノ゙なのです。今日はその中で、印象に残ったお話を1つ、紹介したいと思います。



 輝は緊急手術の時には驚異的な集中力、判断力、そして技術で患者さんを死の淵から救います。しかし、緊急ではない通常手術では、スピードや判断力が鈍りとても時間がかかるのです。その遅さのあまり、指導医に「失望した」と言われ、同僚の医師からも呆れられてしまいます。

 自分の技術のなさを痛感し、へこんでいた時に輝が行きつけのラーメン屋の店主、千葉さんが入院してきます。輝が千葉さんの執刀医を任されますが、輝には「生命を預けられない」から執刀医を変えてくれと頼まれます。そこで輝は「技術では周りの医師たちに叶わないけど、頑張ることは誰にも負けない」と、技術の差を努力で補うためビデオを見ながら猛練習を始めました。

 そして、もう一度執刀させてくれるよう千葉さんに頼みますが、輝が必死に努力をしていることを知っているにも関わらず、千葉さんは「技術の問題ではない」と拒否します。指導医は「足元を見ろ」としか言いません。そんな時に、千葉さんと同室の患者さんの容態が急変します。

 この処置をしている輝の姿を見て「今なら自分の生命を預けることができる」と、千葉さんは輝の執刀を認めます。理由が分からず混乱する輝に、「さっきは今より全然自信に満ち溢れていて、頼りがいがあった。自分の腕に自信のない医者ほど怖いものはない。」と千葉さんが言います。
 そう、輝に足りなかったものは、技術ではなく『自信』(*^ー゚)bだったのです。

 しかし、普段ドジを連発し、周りの医師たちと比較してみると、自分との技術の差は歴然・・・。輝はどうやったら「自信」を身に付けることができるのかと、先輩医師に質問します。

 その先輩医師は、「落ち着いてもう一度考えてごらん。なぜ、キミは医者を目指したんだ?医者の仕事って何なんだ?キミは今どこに立っている?足元を見るんだ。キミはもう全部ちゃんと分かっているじゃないか。」と答えます。

 その言葉で輝は気付きます。未熟でも、完全でなくても、少しずつでも前へ進んできたじゃないか。振り返ればたくさんの想いと共にこの足で歩いてきた道が確かにある。自信を持つということ・・・。それは自分がやってきたことを信じること!!だと。

 どんなことでも最後に自分を支える大きな力となるのは、この『自信』ではないでしょうか。千葉さんと同じように、自信がないお医者さんに手術されるなんて絶対嫌ですよね。『自信』を持てなければ、周りの人に『信頼』なんてされないですよね。それに、自分が不安なときに大丈夫!!って『自信』を持って背中を押してくれる人が一人でもいたら、とても心強いですよね(≧∇≦)。

 頑張ったのに結果が出なかったり、自分より結果を出す子が周りにいたり・・・。そんな時には、特に「自信喪失」状態になりやすいですよね。でももう一度落ち着いて考えて見ましょう。少なからず頑張ったからこそ、自信喪失してしまうんです。裏を返せば、何も努力していなければ、自信喪失することなんてないんです。

 それまでどんなに努力していたとしても、結果が出なければ全てダメだ!と言われてしまうこともあります。でも、たとえ評価の対象とならなくても、結果を出すためには努力をし続けること、そして「自信」を身に付けることが必要不可欠なのです。

 自信って何?自信なんて持てないよ・・・(p´□`q)。そんな子は、過去の自分と今の自分を比較してみましょう。最近の自分でも、少し昔の自分でも、だいぶ昔の自分でも大丈夫です(v^ー°)!何か一つでもできるようになったことがあれば、ちゃんと成長していることの証です。

 この話を読んで、私は昔の自分と体重を比較してみました。ふっ、増えてる
il||li▄█▀█●il||li。比較しなきゃよかったハァ━(-д-;)━ァ...。まぁ、別にそんな言うほどダイエット頑張ってたわけじゃないけどぉ( _ _ )..........o。でもねぇ、だってあまりにも‥(´口`*)うわぁぁぁ~ん。
 ・・・こんな風に、「消えてしまいたい」と思うくらい凹んだ時には、この話を思い出してみて、また頑張りましょう!!p( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)q






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| オススメの本や映画など | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1089-0fd5ca3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。