爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「夏休みに復習のススメ」 ブログネーム.Kobe Collection?

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



夏休みに突入しました!(まだの高校もありますが・・・)

高校生の皆さんは、どのような夏休みを過ごす予定ですか?

【第1085回】

Kobe Collection?のプロフィール



いよいよ夏休み。
受験生には勝負の夏。

僕は受験生について書くことが多い(と思う)ので、
充実した夏休みにしてもらうために、たまには1・2年生向けに。

夏休みといえば、宿題。学校の宿題がどっさり
いつもとりかかるのが遅くて、ついでに量が多いので、終わる気配なし

毎年終わるのは夏休み最終日の前日とか、最終日とか。
下手したら、学校が始まっても宿題をやってるなんて子もいますよね。

もったいない。
まぁ~もったいない。
ほんまにもったいない。
なんともったいない。


これってすごくもったいないことなんですよね。

夏休みほどのまとまった時間がれば、1学期にやった内容の
確認、復習、ついでにレベルアップまで出来てしまうのに。

2年生であれば、おろそかになりがちな
1年生の苦手分野の復習も出来てしまいます。

受験までの間に、1・2年生の復習って、
実際にどっかでやることになるんです。

苦手な教科のやり直し、得意教科にも潜んでいるキライな部分。
そういったことを発見してやり直すこと。
それだけでも2学期からの不安は相当減るはずです。
そうなれば、自然と成績は上がっていく(はず?)です。

1学期に、あるいは1年生の間に積み残したところは、
必ず模試の成績などに反映されます(悪い意味で)。
いつかはやり直す必要があるんです。

だからといって、普段学校に行ってて、
そんな時間がとれる生徒はそんなに多くないですよね。

だから夏休みなんです。
冬休みは、短い割には、宿題の量が多いこともあります。
その点、夏休みは40日あります。
だから、冬休みではなく、夏休みなんです。

しかし、
その最大の障害は、そう、宿題です。
学校の先生というのは、おのおの好き勝手に宿題を出されていますよね。

たとえば、
数学の宿題が多いから、国語は控えめに・・・
なんてことはほとんどありませんよね。
大変なのはわかってます。

でも、
あえて、

宿題なんか、7月中に終わらせるつもりで頑張ってみてください。
簡単に言うな~!!という声は百も承知です。
でも、あえて7月中に終わらせましょう。

イヤなことはさっさと終わらせて、
いろんな意味で、自分のために時間を使いましょう。
遊びも、勉強も。

そのカギは、
ずばり、メリハリです。

やる時はやる、遊ぶ時は遊ぶ、寝るときは寝る。
切り替えをしっかりと。

成績を上げたい!!2学期こそ頑張る!!と思っている皆さん、
ベタなコメントですが、夏休みは非常に大切です。

夏休みの過ごし方で
2学期の成績が決まるといっても過言ではありません。
今までとは違った夏休みの過ごし方をしてみましょう。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 夏の対策 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1081-75583ee6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。