爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「数学の勉強法講座―第3回―」 ブログネーム.水戸のご老公

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



「関数」って奥が深いですね♪

【第1076回】

水戸のご老公のプロフィール



さて、今回は①関数系統について、おまけの話です。

生徒からもよく聞くセリフですが、
「数学なんかできなくたって、生活に支障はない!(`・ω・´)b」って言ったりしますよね(´・ェ・`)
果たして、本当にそうなのでしょうか?

実は、小生、先日、寝坊をしましたΣ(・ε・;)
「やっべ、寝坊した!」
実はこの時、
「これ、関数じゃん?」
って思ったんですよ。

朝起きてから出かけるまでの間には、
着替えたり、身だしなみを整えたり、
朝ごはんを食べたり、新聞を読んだり(?)、
いろいろやることがありますよね。
仮にこれらを「イベント」と名付けましょう。

さて、「寝坊した!」という時、
「省けるイベントは省いて、
省けないイベントは最速で済ませよう!」

と考えたりしますよね。

例えば、
「今日は朝ごはん抜き!」とか、
「パジャマで出かける訳にはいかないから、
マッハで着替えよう!」
とか、
ものすごい勢いで出かけて行くでしょう。

実は、ここにも関数が使えるんです。
例えば、起きてから出かけるまでの時間をT(分),
通常時においてイベントを行うためにかかる時間をE(分),
通常時の何パーセントの時間を費やすかをX(%)として、
T=EX/100 (Eは個人差のある正の定数,Xは0以上の変数)

という式が立てられます。

しかし厳密には、イベント毎に時間の消費率(X)は異なるので、
各イベントに1からnまでナンバーをつけ、
イベントnにかかる時間をEn、
イベントnにおける時間の消費率をXnとして、
T=(E1X1+E2X2+E3X3+・・・+EnXn)/100 ・・・①
(nは自然数,Enは個人差のある正の定数,Xnは0以上の変数)

となるんですね。

これも、
「2つ以上の文字と"="を含む式」
ですから『関数』なんです(`・ω・´)b

そして、
「起きてから出かけるまでの時間(T)が10分しかない!」
というときは、①の式で T=10 として、
(E1X1+E2X2+E3X3+・・・+EnXn)/100=10 ・・・②

という方程式を解くことになるんです。

つまり、②という1つの式から、
複数の変数X1,X2,X3,・・・,Xnの値を同時に定める
んです。
複数の変数で1つの式ですから、解(答え)は1つに定まりません。
それでも、その中でベストの変数の組合せを定めるんです(`・ω・´)b

そんな複雑な計算を、誰もが、毎日、無意識のうちに行っているんですよ!
人間ってスゴイですね(・∀・)♪

関数は、「因果関係を明らかにする」という勉強です。
「関数的な思考ができる人」というのは、
≒「時間の使い方がうまい人」
≒「要領のいい人」
≒「仕事ができる人」

と言えるかも知れません。

皆さんも、日常に潜む「関数」を探してみて下さい!
そして、「関数の勉強」にもしっかり取り組みましょう!
きっと、人生の役に立つはずですよ(・∀・)♪







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1072-b03ed8a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。