爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「0の不思議」 ブログネーム.かねなし和也

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



数学には多くの不思議な世界がありますが、
本日は「0」についてです♪

【第1065回】

ブログネーム. かねなし和也


今回から、ブログデビューします、かねなし和也といいます。

JPCに来る前、5年位予備校で浪人生に数学物理を教えていたので、

数学理科に関係あるブログを中心に書いていきたいと思います。

今回は、「0の不思議」と題して書いていきます。


皆さんも、知っているように、0はもともとインドで数としての0が確立され、

0÷00と定義した以外は、全て現代と同じ定義をしていたそうです。

0の理念は、仏教では、数式上では実在するものの、

真に実在するものではなく、その真相は空虚であるそうです。 


まあ、とりあえずかたい話はさておいて、実際に問題を見てみましょう。


0+0 0-0 0×0 0÷0 はそれぞれなんだと思いますか?

とある人が、0+0=0 0-0=0 0×0=0 0÷0=0 と答えを出しました。

 正しいでしょうか? 間違っているでしょうか?


実は、0÷0=0以外は全て正しいです。

A÷A=1みたいに1とはやらないようにして下さいね。


ちなみに、0÷0は

 0がいくつ集まったら0ですか?ということで、0はいくつ集まっても0なので、

   答えは、「何でもよい」です。

       数学ではこれを「不定」といいます。

この考え方は、6÷3=2を6=3×2のように

割り算を掛け算に書きかえると分かりやすくなります。

 つまり、6は

 3がいくつ集まったものかという風に考えるのです。そうすると、2となります。

では、0÷1 1÷0 はなんでしょうか?

答えは、0÷1=0 1÷0は、

 0がいくつ集まったら1ですか?

ということで、0はいくつ集まっても1にはならないので、

  答えは、「できない」です。

    数学ではこれを「不能」といいます。

理系の人は、数Ⅲの極限のところで、

無限大(∞)と習うとは思いますが、文系の人もいると思いますので、

今回はカットします。


 とりあえず、今回はこれで終わりにします。

  0って本当に深くて不思議なものですね。

最後に、DCの数学のセレクトマニュアルにも書いてありますが、 

  ①AX=3  ②AX=B 

     の2つの一次方程式は解けますか?
   
  ①X=3/A   ②X=B/A  とすると間違いになりますよ。 

     できそうで、できない問題ですよ。

予備校にいた時は浪人生へ、DCでは現役生にこの問題を出しましたが、

なかなかきちんとした答えを出した生徒は、少なかったようです。

 ちなみに、唯一、きちんとした答えを出した生徒は、じつは浪人生ではなく、

  去年、東大理科Ⅰ類合格した現役生でした。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1061-da4dab54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。