爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「バレーボール(男子編)」 ブログネーム.出世城のみかん娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



志望大学への熱い思いを胸に勉強に取り組もう!!
その壁の向こうに大学が待っている!!!

【第1061回】

出世城のみかん娘のプロフィール



 みなさん、こんにちは。あと数日で今年も半分過ぎてしまいます。この半年、どうでしたか?充実した毎日を過ごせたでしょうか?それとも・・・。



 充実した毎日を過ごせてはいない、というみなさん!2008年はあと半年残っています。終わりよければすべてよし、という言葉もあります。これからの半年をいかに過ごすか、を考えましょう。特に、3年生の皆さんには受験の天王山ともいわれる『夏休み』がやってきます。ここからの半年間、どれだけ辛抱して勉強し続けることができるかで結果が変わります。必ず伸びるんだ!!と自分の力を信じて頑張りましょう。 

 さて、今回は前回の女子バレーに引き続き、男子バレーについてですΣ(゚∀゚*)。やっぱり女子だけでは終われないですよねぇ。だって、16年ぶりの五輪出場を果たしたわけですから(≧V≦*)昔は男子も強かったんですよ。金メダルを獲ったこともあるくらいですから・・・。

 そして、その立役者ともいえるのは、38歳のキャプテン荻野選手!!五輪出場を決める最後の1点を決め、植田監督と二人で泣いてましたよね。荻野選手は最年長というだけでもすごいのに、今の全日本の選手の中で唯一「五輪を知る男」なのです。ちなみに、男子バレーが前回出場した16年前のバルセロナ五輪で主将を務めていたのが植田監督でした。

 荻野選手は五輪出場権を逃し続けた責任は自分たちの世代にあると、ひたすら厳しい練習に取り組んだそうです。しかし、28歳の時に両膝を手術し、リハビリに1年間費やしました。そこから代表からは遠のいてしまいます。

 しかし、2005年、植田監督の要請で再び日の丸を背負い、主将となります。植田監督の厳しさは半端なく、以前自衛隊の訓練を数日間受けたことのある荻野選手でさえ、辛く厳しい練習で「生まれて初めて、練習中に吐いた」そうです。チーム最年長であっても、手を緩めない厳しい練習を課されても、黙々と練習をこなし、自分の行動でチームを引っ張っていきます。

 厳しい練習に文句一つ言わず、黙々とこなす後ろ姿で若い選手たちを引っ張り、まとめていったのです。度重なる怪我により満身創痍の身体を、誰よりも念入りなストレッチ、マッサージをして、最年長にも関わらず、厳しい練習に率先して取り組む。そんな姿を見せられたら、自分たちも頑張るしかない!!って思っちゃいますよねσ(゚ー^*)。

 「ゴッツ」の愛称で親しまれている石島選手は、23歳の若さで植田監督から『日本の核』として期待を寄せられ、練習中に何度も何度も厳しい叱咤を浴びせられています。精神的にも追い詰められる厳しい状況の毎日でも、荻野選手の姿に引っ張られ、歯をくいしばって頑張ってきたそうです。だから、石島選手が「荻野さんのようになりたい」、「目標は荻野さん」と様々なインタビューで答えていることも納得できますよね。

 さらに、荻野選手は試合の大事な場面で活躍します。特に、緊迫したゲーム運びで1つのミスで流れを相手に持って行かれ兼ねない場面で、確実に監督から期待された仕事をこなし、日本に流れを引き寄せています。そういう状態の時って、観てる私たちでさえ息がつまりそうになるくらい緊張するんで、選手の人たちが受けているプレッシャーって、相当凄いはずですよね。そこで、確実に仕事をするって、単純に凄いです!!尊敬します!!∩(*・∀・*)∩

 さらに荻野選手はいろいろなインタビューで、「これが選手としての五輪へのラストチャンスだと思う。だから、同じ年代のやめていった選手たちのことを考え、自分のバレー人生を懸けて北京を目指す。それが、今まで僕を支えてくれた先生やトレーナーなど、いろんな人への恩返しになるはず。それに自分の後に続いている若い選手たちに五輪を経験させてやりたい。」と語っています。

 そして、テレビのインタビューで、「五輪に16年も行けなかったのは、自分のせいだ!俺が悪いんだ!って自分に毎日言い聞かせて背負い込んできた。そう思うほうが悔しいし、なにくそ!!って思って今まで以上に頑張れる。」と言っていました。これが、荻野選手の不屈の精神力を支えている原動力なんですね。

 荻野選手には、他の選手と比べてマイナス要素が多く、それをできない理由にすることもできたはずです。しかし、荻野選手は自分で自分を精神的にも肉体的にも追い込んでいったのです。五輪出場権を掴む、あのアルゼンチン戦の最後のスパイクは神様からのプレゼントだったのかもしれませんね。

 私は、あのシーンと植田監督と抱き合って二人で男泣きするシーンが凄く印象的でした。そして、明日からまた頑張ろう!きっといつかはいいことが起こるはずさ!!と頑張るパワーをもらいました。しかも、忘れないようにちゃんと録画してありますよd(^^*)。どんだけマニアやねん!!ってかんじですが・・・。

 皆さんにも、きっとこういうやる気を引き出してくれるようなものってありますよね。

 辛い時、苦しい時、逃げ出したい時・・・。そんな時には、ちょっと休んで心の栄養補給に見返してみるのもいいかもしれませんね。そして、気合を入れ直して明日からまた頑張りましょう!!!p( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)q






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| スポーツ関連 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1057-8fdfe760

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。