爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「有言実行???」 ブログネーム.兼六園子

 当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



生徒一人一人に様々なエピソードが隠れています。
さて、今回のエピソードとは!?

【第1055回】

兼六園子のプロフィール




今回は私立高校に通う2年生のA子ちゃんについて。

A子ちゃんは2週間に1度
電話でのやりとりをしている市内に住む女の子です。

以前お母さんとの話しの中で、
今のうちから指導部へ呼んで勉強する環境を作って下さい
との要望がありましたので

「そろそろ中間テストも近いから一度指導部においで。
いつも電話で話しているけど、一度会って色々話しをしよう!」


と指導部へ来る様誘ってみました。

最初は少し嫌そうな言い方でしたが、指導部へ来る約束をしました。


約束当日、本人から電話で、

「熱があって、親から今日は行くなと言われたので今日は行けません。」

と連絡があったのでその日は大事をとる様に伝え、
次の来る日の約束をしました。


次の約束の日・・・



「今駅の改札口にきました。ここからどう行けばいいですか?」

今回はちゃんと来たなと思い道案内をしていると

「あっ親から電話がかかってきたのでかけ直します。」

と言い電話を切りました。そしてその5分後・・・

「今から祖母宅へ行くから帰って来いと言われたので行けません。」

えっ!?今日も来れないの?・・・」

気になって担当に先週の事と今の事を話すと、

「・・・怪しい!!!」

すぐに自宅へ電話をして先週と今のやりとりを話すと、
本人は自分の部屋にいるとの事でした。
そして前回の事も嘘だという事が分かりました。


その日は本人に言い聞かせますのでという事で、
A子ちゃんとは話さず3日後に電話を改めました。

お母さんにその後の事を聞くと、当日は家族での話し合いになり、
辞める、辞めない、進学する、しないにまでなったそうで、
今日もその事で話しをいていたところだったそうです。

A子ちゃんと話そうと思い代わってもらう時も受話器の向こうで
「嫌だ、あっちいって」等のやりとりが聞こえました。
その後受話器を置きっぱなしにしたのか返事がありません。

何度かかけなおし次につながったのがその10分後・・・
本人、第一声が「やればいいんでしょ!!」でした。

本人の不満が爆発したのか

「みんなうるさいんだよ!」

とか

「結果だせばいいんでしょ!」

「やるのは自分だからやれば成績上がるし、
やらなければ上がらないのはわかっている」


とJPC・学校・両親・勉強に対しての不満を叫んでいました。

問いかけに対して
絶叫するかのようなやりとりが続き、電話ではらちがあかず
とにかく一度直接話しをしようという事だけを伝えました。

当日はお母さんがドアの目の前まで同行する
との事でしたので安心でしたが、不安もありました。

そして約束10分前に本人から電話が・・・
「自転車どこに止めればいいですか?」
と。慌てて下まで迎えに行くとA子ちゃん一人で立っていました。

とてもじゃないけど
電話で絶叫していた人と同一人物だとは想像がつきません。
穏やかな印象で笑顔の可愛らしい生徒でした。

私は何から話そうか考えていましたが何も言う間もなくA子ちゃんは

「大丈夫です。分かっています。
今日は中間テストが近いので勉強していいですか?」


と言いました。

ペラペラ話すより少しずつでもいいから段階を踏んで行こうと判断をし、
その日は本人の希望通りにしました。

それからその日の報告をと思い
何度か連絡してもいつもA子ちゃんが電話に出て
お母さんと話しが出来たのが中間テストも終わった3週間後でした。

お母さんの第一声が

「おじゃました日はひどい事言ったそうで申し訳ありませんでした。」

よく聞くと

「本人からは言いたい事を言ってきたと言っていましたので。
凄い事言ったのではないかと・・・。
でもそのせいなのかこの間のテストの結果は数学が93点で
英語が100点だったんです。
その日はチューターに苦手な数学を質問した時に
自分の分からない所を突かれた教え方だったのですごく分かりやすかった。
数学でこんな点数を取った事がないし、今まで100点も取った事がないです。
やれば出来るという事が分かったと思います。
電話の時に自分でやるって言った手前後には引けなくなったのだと思います。」


と言われていました。

ただ来訪当日はA子ちゃんは暴言??は一切言わず、
静かに自習をしていただけでした。

今回私は勉強に対して何も言っていません。
A子ちゃんは自分で考え、答えを出し、実行し結果を出しました

このやりとりの前にA子ちゃんとは
中間テストの目標を決めていましたが
勿論目標を大きく上回るクラス1位という結果でした!

思いをぶつける事によって良い方向へ向くのであれば
どんどん言ってもらいたいと思った一日でした!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| とある受講生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1051-ba7ed0fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。