爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「話半分で。」 ブログネーム.Kobe Collection?

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



話の本質を捉えることが大事ですね☆

【第1053回】

Kobe Collection?のプロフィール


部活をがんばってきた3年生にも、
そろそろ引退の時期が近づいてきました。
もう部活を引退して、バリバリ受験勉強を
がんばってる受験生もいると思います。

この時期になると、
友達とか同じクラスの子とかからは、
"本格的に塾・予備校に行くようになった"
"先輩に聞いた参考書で勉強を始めた"
"家庭教師の回数を増やしてる"

などなど、

いろんな話が聞こえてくると思います。

その話を聞いて、ふと自分は今のままでいいのか?
なんて考える機会もあるんじゃないかな?

"あの子はどこそこの塾に行ってて、
こんなことを習ってるらしい。自分は大丈夫?"


みたいな。


でも、よ~く考えてみてください。
みんな、志望校も違えば、今の学力・成績、得意・苦手分野etc...
すべてと言っていいほど、周りの子とは違うはず
です。
ということは、自分のやるべきことと、
その子たちがやるべきことも違うはずです。

確かに、参考になる話もあることでしょう。
ですが、今の自分にとって必要かどうかを判断して、
今の自分には必要ないことであれば、気にしないでおきましょう。

その子のやってること、
参考書などが自分に合うとは限りません。

周りの話を聞くたびに、
自分のやっていることに自信が持てなくなってしまったら、
全く意味がありません。

逆に、自分が今やるべきことは、何なのか?
それがわかっていて、実行できてる生徒はめちゃくちゃ強い


当然のことですが、
人の話を聞くことは非常に大切なことです。
ですが、その話の中から自分に必要なことと必要でないことを
取捨選択することも非常に大切です。
少なくとも、受験勉強に関しては。
受験生同士の会話はくれぐれも話半分で聞きましょう。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)







| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1049-608697fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。