爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「浜松やらま一家の最後のメッセージ」 ブログネーム.浜松やらま一家

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



浜松やらま一家さんは、
いつも編集いらずの原稿を下さった優秀な方でございます。。。
ちょっと寂しくなりますね。。。

【第1041回】

浜松やらま一家のプロフィール




 いや~来ましたね、毎月恒例のブログが。なんかこれを書く度に月日が経つのがあっという間だと実感します。

 で、実はですね今回重大な発表があります・・・。それが何かと言うと、私浜松やらま一家は今回を持ちましてこのブログから引退しますっ!


 えっ、そんなに重大じゃないって?寂しいこと言わないで下さいよ。まぁ、好きなことばっかり書いてきましたので全く人気が出ませんでしたからね()そりゃ打ち切りにもなるわ・・・管理人さん本当にすいません!

 まぁそんなことも無いんですけどね。ちょっとした冗談です、打ち切りにはなってませんよ。って思ってるのが自分だけだったらどうしよう・・・。本当は他の業務が忙しくなるからです。

 まぁ、またひょっこり書くかもしれませんし♪



 さて今回の本題ですけれども、僕がず~っとハマってきたバドミントンについて話したいと思います。まぁ、バドミントンのうんちくじゃなく、僕の経験の話やね。長くてスマン。



 僕がバドミントンを始めたのは中学校の途中からでした。最初は部活とか全くやる気がなくて美術部の幽霊部員だったんだけど、暇を持て余し過ぎてね~。本当にやること無かったもんで、当時仲良かった友達に誘われるままに入りました。
 


 で、いざ始めてみるとこれが結構面白い!その頃、運動は苦手だと思ってたもんで、ほんっと~に何となく始めたんですけどねぇ。

 ただ、中学生の時は全く勝てんかった()全部1回戦負けですよ~。団体戦も個人戦も。ウチらの1コ上2コ上の先輩達は強かったんですけど、ウチらの代から顧問が代わりまして。前の顧問はいつも部活に顔を出してくれたんだけど、新しい顧問には「俺はこんな部活面倒見たくないんだよ」って言われてしまったんだよね。

 で、顧問が来ないことを良いことに遊んでました()全然顧問関係ないですね♪練習やらなかったんで勝てんかった。自業自得ですわ(



 そんなこんなで高校に入りました。最初は高校ではやるつもりなかったんですよ。何でかって言うと、僕が進んだ高校はバドミントンが強かった!毎年県でベスト4に入る高校だったんですね。1回戦負けの僕にはキツいだろうと思ってたんですが、友達に誘われたし、先輩も沢山いまして・・・。まぁまた誘われるままに入部してしまいました(



 いや~、これだけ見ると何と自主性のない生徒なんでしょう!()僕の生徒だったら「自分で決めろ!」って怒ってるとこですね。

 僕は本当にそういう中学生・高校生でした。自主性は全く無く、いつも他人に引っ張られてたしね。
他にも人前で意見を言うのがダメでね~。恥ずかしいし、自信ないしで、全く発言できない。「俺ごときが何を言う」みたいな()僕のことを知ってる生徒は「うそだ~」と思うかもしれないけど、本当はそうなんよ。赤面性でね、人前に出ると足が震えちゃうんだよね。

 あと負けん気も無かった!負けても何にも悔しくないと思ってました。まぁ、本当は悔しいんだけど、それを認めたくないんだよね。

 まぁ、あんまり友達ができないタイプや(



 でもひとつだけ「俺良くやったな~」と思うことがあるんです。それは「バドミントンを辞めなかった!」ということですね。高校の練習キツかったし、最初の1年はやっぱり勝てんかったもん。ちなみに僕を誘った友達は途中で辞めてテニス部に行っちゃった(

 でも僕は続けたんです。高校卒業して、大学でも結局続けた。だから10年近くやったんだよね。体力無い、やる気も無い、実力も無い。無い、無い、無い、だから続かない!のはずが続いたんですよ(



 その後、高校2年生ぐらいから勝てるようになりました。最後のIH予選は県で16くらいまでは入れたかな。個人戦ね。

 ただ、団体戦は出してもらえんかった。まぁ、あまり覇気はないし、勝負弱そうだし、出してもらえなくてもしょうがないかなって感じです。

 卒業時にコーチや顧問から「お前が一番伸びたなぁ。良く頑張った!」と言われました。でも何となく納得できなくてね。だって自分の中ではあまり頑張った感覚は無かったんです。確かに上手くはなったと思うけど、燃え尽きたって感じは全く無かった。まぁ、そんなこんなで僕の高校生活の部活が終了しました。



 で、大学入ってもバドミントン続けたんだよね。まぁ、また何故かなんだけど(

 今度こそは「もっと上手くなりたい」って思えました。何故かと言うと、僕が進んだ大学が本当にそこそこ強いかな~ぐらいだったからと、先輩達が頭を使っていかに勝つかを追求してたからです。

 本当に強さはそこそこなんだよね。まぁ、国立大だったからインターハイに出るような選手はごくまれにしか入ってこないし、あとはみんな県でベスト8とか16とか、それぐらいの選手が集まってました。だから本当に強さはそこそこなんです。



 ただ先輩達は頭を使って勝とうとしてたんだよね。僕は高校生の時に、県でベスト8以上に入るヤツは体力と才能を持っているから勝てないな、って思ったんです。インターハイに出るヤツはだ!みたいな()でも違ったんです!

 頭を使うと絶対に体力やテクニックじゃ勝てないだろうという相手にも勝てたりする訳ですよ。それを高校の時の実績はあまり僕と変わらない先輩達が実践してくれてる。ある意味ショックでした。今まで何やってたんだと思った。



 実は「球技は頭の良いヤツが強い」は僕の父親が常に言ってたんですよね。僕の父親は何気に卓球が上手かった。高校生から始めて、高校3年で国体に出たってんだから驚きだ。しかも当時の世界チャンピオンと試合したそうです。当時日本から世界チャンピオンが何人も出ていた時代ね。

 でも信じてなかった()だってウチの父親あまり頭良さそうじゃないんだもん。信憑性が無かった(



 ただその時気が付いたんです。頭を使えばもっと上手くなれるって!特にダブルスはもっといけるはずだ!ってね。

 そこからバドミントンがもっと面白くなりました。絶対に先輩達よりも上手くなって団体戦に出たいって思えたんだよね。



 で、ようやく2年生の時に地区のリーグ戦(団体戦)に出場できました。またその時に新たな発見をしたんだよね~。何と僕、意外と本番に強いタイプだったみたいです!

 本当はレギュラーじゃなかったんですけど、先輩が遠征に参加できなくてね。急遽チャンスが回って来たというか、まぁある意味ラッキーだったんです。そうしたら絶好調でね♪インターハイに出たヤツとか国体選手とかにも勝てた。そして1部昇格を果たすのに貢献できたんです。

 何かそれで掴んだって言うかね。無茶苦茶上手くなった訳でもないし、負ける時は負けっぱなしとかもあったけど、何か掴んだんです。本当に何か・・・。



 僕はこの10年弱、バドミントンをやってきて色々成長したと思います。中学・高校の経験があって、大学で色々学んだ感じだね。飛び跳ねるほど嬉しい思いをしたのも、負けて悔しくて泣いたのも、自分に自信が持てたのも、全てバドミントンのおかげだと思っています。

 大学3年の時は部長を経験しました。40人ぐらいをまとめるのは大変だったし、後輩に強いヤツがいてね。バドミントンも強いし、態度もでかい()それでも面白い経験をさせてもらいました。

 まぁ、もっとやっておけばと思うことだらけだけどね。それに関しては今言ってもしょうがないですし、何かは掴んだと思っているので。



 だからみんなにも高校・大学でそういう思いを沢山して欲しいと思っています。スポーツでも勉強でも何でもいいです。

 色々考えて、必死にやって、上手くいかなくてつらい思いをして。で、上手くいってすごい嬉しい思いをして、ってね。



 人生は色々な人や、色々なことから学ぶことが沢山あります。そこから何かを掴めるかどうかはその人次第やね。掴む為のコツは、まぁ僕にも良くわからないですけど、チャレンジすることかなと思ってます。「やってやろう!」と思えば何かが起こるんじゃないかと思ってます。


まぁ、これが僕からの最後のメッセージです。高校生のみんな頑張れよ!








(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 部活 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1037-a9168c60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。