爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「軍師の言葉に学ぶ」 ブログネーム.川崎工業地帯製ロボッツ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



戦術・戦略があるのなら、
後は実行に移すことが大切ですね☆

【第1040回】

川崎工業地帯製ロボッツのプロフィール



突然ですが、思い出しました。
中国にはいろいろな歴史書などの書物がいろいろ残されており、
そこから、ことわざや故事成語がたくさんでてきたわけですが、
その中の話です。

ある国が平地で戦争をして、敵の軍勢を押し始め、
敵は撤退をはじめました。
ところが相手勢の逃げる先には川が。

敵の軍勢は川を渡って逃げ始めました。

その国の王様は、

「すぐに追撃して全滅させてやろう!」

と、ノリノリで命令しようとするのですが、
近くにいた軍師は、

「敵勢が川を半分渡り終えたら攻めましょう」
といいます。

初めてこの話を読んだとき、なんで?と思いました。
逃げられちゃうじゃん!!

でも、その軍は敵勢を散々に打ち破り勝利したそうです。



なぜか?


軍師は確かこんな風にいいました。

「敵は川を渡りきれると思える前は
戦うしかないから必死になって立ち向かってくる
でしょう。
しかし、川を渡りきれる!と思ってしまってからは、
逃げようと必死になり、力を出せない
のです。」



敵の兵隊の気持ちになってみるとわかりますが、
逃げ始めて川に入ったばかりのときは、

「うわ、ここで攻められたら前は川だし後ろは敵だし、
逃げ場ないじゃん!ここで殺されちゃうかも?
家に帰れないかも!うわ~どうしようっっ
どうせ死んじゃうなら必死で抵抗するしかないよな!」


でしょうか。


川を半分まで渡ったら、

「あれ?川を半分まで渡れたよ?
なんか川を渡りきれるかも?追いつかれて死ぬかと思ったけど
逃げられるんじゃね?
やった!ラッキー!戦わなくてすむ!これで逃げられる!」


となるでしょうね。
そうすると、逃げよう逃げようと、そちらに集中してしまって
本来の戦う力も出せないということなんですね。



こわ!

と思いました。

いわゆる背水の陣と逆になった話ですね。
自分が逃げられる!と思っていることが相手の術中とは・・・




季節も春から夏に移り変わり、部活の引退も相次ぎ、
受験生の顔になってきた生徒も増えてきています。
戦う覚悟ができた生徒たちはとても真剣に取り組んでいます。

部活をしていた人はともかく、
まだ勉強しないですむかも?と思っていた生徒たちも
戦う覚悟ができてくる季節です。

全国でライバルが増え、レベルアップしてくる季節です。

でも、早い時期からがんばってきた人たちは、「戦う」という覚悟を
「まだやらなくていいかも?」という気持ちに逃がさなかった

とても勇気がある人だと思います。

いま、その勇気を出した人も、常にこれからのことを考えましょう。
今からベストをだせばいいんです。

これから出そうかなと思っていた人は、そのまま出しちゃいましょう!


みんな、やる気を誰かの術中で出させられたり
引っ込めさせられたりするのではなく、
自分の意思で出して、合格を勝ち取ってね!
人間やればできます!







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 格言/ことわざ/詩 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1036-7f51ca0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。